ページの先頭です

大阪市医療助成費の償還払い申請について

2019年7月31日

ページ番号:475287

市民の声

 大阪市医療助成費の償還払い申請について、支払いまでに6か月程度かかっている。
 領収書のコピーは不備とのことで書類を返送されたが、確定申告にも領収書の原本が必要であるため一方にしか提出できない。自治体間で連携を図るなど、調整を行ってほしい。
 また、領収書のコピーの不備の件で償還事務センターとやり取りをしている際、さらに別の診療月の不備が返送され、初めの不備の方には、別の診療月の処理は進めているとの記載があったにもかかわらず、不備で返却され、どちらが正しいのかわからなくなってしまった。同じことが起きないよう、部署内で連携を図ってほしい。

市の考え方

 医療助成費の償還について、支払いまでに長期間お待たせしていることを、深くお詫び申しあげます。
 大阪市医療助成費等償還事務センターには、平成30年4月の開設以降、毎月大量の申請書類が届いており、当初の想定以上に時間を要しております。
 到着したものから、順次、事務処理を進めておりますが、進捗状況としましては、令和元年5月9日時点において、平成30年11月23日から12月12日に受け付けた申請は、令和元年6月5日に支払う予定です。(ただし、書類に不備がある場合や、振込先の口座情報に相違がある場合などは、振り込みできる状態に整い次第、処理を進めてまいります。)
 こうした状況の改善に向け、本年4月から当センターの職員を増員するとともに、平成31年4月診療分から、医療証を使って支払った医療費の額が、月額上限額を超過した場合に、一度手続きいただければ、その後は自動で払い戻しを行う自動償還を開始することで、申請件数の減少を図るなど、支払いまでの期間短縮に努めているところです。
 次に、領収書の取扱いの件ですが、本市では、支払い誤り等を防止するため、医療助成費の償還払い申請には、領収書原本のご提出をお願いしております。
 ご意見のとおり、確定申告等のため、領収書原本が必要な場合もあるかと存じますので、その旨を申請書の余白にご記入いただきましたら、当センターで写しを取り、原本を返却させていただきますので、ご理解賜りますようお願いいたします。
 最後に、申請不備等の確認のため、当センターからご連絡を差し上げるタイミングの件ですが、申請の不備には、押印もれのように受付時にすぐ判明するものや、月額上限額を超過していないため、償還額が発生しない場合など、内容を審査する中で判明するものがあり、同時にご連絡を差し上げることが出来ない場合も生じますので、ご了承いただきますようお願いします。

担当部署(電話番号)

福祉局 生活福祉部 保険年金課 医療助成グループ(大阪市医療助成費等償還事務センター)
(電話番号:06-6351-8212  ファックス番号:06-6351-8220)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月21日

回答日

2019年6月4日

公表日

2019年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない