ページの先頭です

御堂筋の高さ制限について

2019年7月31日

ページ番号:475340

市民の声

 御堂筋の高さ制限について、高さ制限で一定の美観があることは、確かにそのとおりかもしれませんが、その重要性については疑問に思います。自由な発想で様々なビルが立ち並ぶ姿も美しいのではないでしょうか?万博を控え、まさに大阪が伸びていこうとする時期ですので、頭を押さえつけないで頂きたいとの思いです。

市の考え方

 御堂筋周辺地域は、都市の再生の拠点として、都市開発事業等を通じて緊急かつ重点的に市街地の整備を推進すべき地域として、平成14年に都市再生緊急整備地域(大阪駅周辺・中之島・御堂筋周辺地域)に指定されています。さらに、都市再生緊急整備地域のうち、都市開発事業等の円滑かつ迅速な施行を通じて緊急かつ重点的に市街地の整備を推進することが都市の国際競争力の強化を図る上で特に有効な地域として、平成27年には特定都市再生緊急整備地域に指定され、地域整備方針が定められています。
 この方針に従い、御堂筋沿道の淀屋橋から本町までの区間で、業務機能を軸としつつ、上質なにぎわいが調和するビジネスゾーンを形成するため、高さ制限の規制緩和等をしつつ、御堂筋に面した壁面の連続性や50メートルの軒線の統一を図り、低層部に店舗・文化施設の導入を誘導するなど、まちなみに配慮した都市開発事業を促進することにより、大阪のシンボルストリートとしてふさわしいまちづくりを進めております。

担当部署(電話番号)

都市計画局 計画部 都市計画課(都市景観担当)
(電話番号:06-6208-7854)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月31日

回答日

2019年6月14日

公表日

2019年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない