ページの先頭です

大阪市における今後の受動喫煙対策・禁煙支援について

2019年8月1日

ページ番号:475362

市民の声

 2019年も禁煙週間が終わりました。
 大阪市はどのような取り組みをされたのでしょうか。
 大阪府下の自治体で、様々な取り組みがなされていますが、大阪市の取り組みを探し出すことができませんでした。また、来年はどのような取り組みを計画されておられますか?
 健康増進法が改正され、受動喫煙防止に関する自治体の責務は重くなると思いますが、どのように進めていかれるのでしょうか。
 現在の努力義務の条例では、受動喫煙を防ぐのは難しく、特に大阪府の「子供を受動喫煙から守る条例」に対応することは不可能です。
 大阪市のこれからの対応を教えてください。これからの大阪市の取り組みに期待しています。子供や妊婦、患者さんを、受動喫煙から守ってください。

市の考え方

 大阪市においては、禁煙週間(5月31日~6月6日)の取り組みといたしまして、区役所等でのポスターの掲出やホームページによる啓発及び大阪市役所内での庁舎放送による啓発を行いました。次年度においては、禁煙週間のポスターの掲出場所を増やすなど、より広く周知できるような取り組みを考えております。
 受動喫煙防止対策は、平成31年1月に改正施行された健康増進法第25条等に基づき実施しております。また、大阪府においても、大阪全体で受動喫煙防止対策に取り組んでいくための「大阪府受動喫煙防止条例」が平成31年3月20日に制定されたところです。
 本市においても受動喫煙の防止は、重要な課題であると認識しており、平成30年3月に策定しました大阪市健康増進計画「すこやか大阪21(第2次後期)」において「たばこ」の分野を設け、受動喫煙防止対策の推進に努めています。具体的には、ホームページやパンフレット、各区保健福祉センターで実施する健康講座等、様々な機会を通じてたばこの健康への影響を発信することで、市民一人ひとりの理解を深め、喫煙者に対しては、周囲の者が意図せずしてたばこの煙にさらされることから保護されるべきであるという認識を持つよう、普及啓発を進めています。
 また、令和元年6月1日から「大阪市受動喫煙防止対策コールセンター」を開設し、改正健康増進法及び大阪府条例に関する相談業務を開始しておりますので、受動喫煙に関するご相談やお問合せの際はご利用ください。(電話番号:06-6244-7600)
 今後も市民の健康を守るため、改正健康増進法及び大阪府条例に基づき、さらなる受動喫煙の防止対策に努めてまいります。

【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

健康局 健康推進部 健康づくり課分室
(電話番号:06-6244-7600)

対応の種別

説明

受付日

2019年6月7日

回答日

2019年6月21日

公表日

2019年8月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない