ページの先頭です

保険料延滞金の免除申請について

2019年8月31日

ページ番号:477541

市民の声

 昨年、差押え予告の通知が届いた。
 数年前に延滞金の免除申請ができていたと思っていたので、驚いて区役所に電話をした。
 申請時に領収書のコピーを取っていただき原本を区役所に預けたことを言うと、個人情報なので預かっていないの一点張りで話が進まずどちらからともなく電話を切った。
 その後何の連絡もなく、昨日差し押さえの通知が届いたので区役所に電話をして、領収書を紛失したのなら、税務署にコピーを提出しているのでそれを持って当ててほしいと頼んだが、申請は役所がするものではないこと、他の官公庁が持っている個人情報を使用することはできない理由で、ご自身でしてくださいと言われた。
 つきましては以下の点について調査して返事が欲しい。
・私の領収書はどのように扱われたのか。
・この事務は担当者一人で行ったとしたら、それを隠ぺいしているのか。
 主人は末期がんで、私も骨折して退院してきたばかりで、延滞金を払うことができないため、救済願います。

市の考え方

 延滞金の減免申請には、申請書とともに理由を証する資料として医療費の領収書を提出していただくものであり、領収書のみをご提出いただくことはありません。
 なお、平成25年4月17日にご来庁いただいた際にも、税務署に提出される前に区役所で領収書の写しをとり、以後の領収書とあわせて申請時まで、ご自身で保管していただくようにご説明しております。
 現在、医療費等の負担が大きく、延滞金の納付にお困りのようですので、最近の状況を詳しくお聞かせいただければと思います。お手数ですが、担当までご連絡いただきますようお願いします。なお、今お手元に保管されている医療費の領収書等は大切に保管願います。

担当部署(電話番号)

西淀川区役所 窓口サービス課
(電話番号:06-6478-9946)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月16日

回答日

2019年5月29日

公表日

2019年8月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない