ページの先頭です

東淀川区役所保健福祉課における受付後の処理の順番について

2019年8月31日

ページ番号:477598

市民の声

 家族の介護保険の限度額の申請に来ました。私はケアマネですので、書類はほぼ正確に書けています。現実に1分もかからず受付は終わりました。
 事業所の方だけ、一般の受付番号と特設番号の札をもらい、どちらか早い方で処理してもらってました。おかしくないでしょうか?処理に時間がかかるかからないに関係なく、来た順番ではないのですか?1分で済む事を何十分も待たされて、しかも後から来た事業所の方が先に呼ばれるのは、どうしてなのでしょうか?

市の考え方

 この度は、窓口申請にあたり長時間お待ちいただいたとのことで、大変申し訳ありませんでした。
 介護保険に関する窓口対応については、介護保険システム端末を利用し、来庁者の方に対する聞き取りや内容確認、入力処理などを行いながら対応をしています。体制的には、システム端末を設置しているローカウンター2か所にて、通常時は窓口担当者1名、混雑時には2名で対応しています。
 しかしながら、介護保険料減免や負担限度額等の更新時期は、多くの申請が集中するため窓口が非常に混雑し、2名体制でも長時間の待ち時間が発生します。
 そのため、窓口での内容確認など聞き取りをほとんど必要とせず、バックヤード(窓口後方)で処理が可能な届出(例:事業者からの「サービス計画を作成する事業者等の届出」「情報提供の届出」など)については、バックヤード担当職員が通常業務と並行して、別途受付・処理をするようにしています。
 聞き取り不要な手続きを別途職員がバックヤードで行うことにより、窓口全体として待ち時間の縮小ができていると考えます。
 今回の負担限度額認定申請については、内容をほぼ正確に書いていただいていたとのことですが、窓口での聞き取り・システムとの内容確認が必要な申請となりますので、窓口番号札でお待ちいただくこととなりました。
 ご理解いただきますようお願い申しあげます。

【本件は、申出人様への回答はしていません。】
 

担当部署(電話番号)

東淀川区役所 保健福祉課(介護保険)
(電話番号:06-4809-9859)

対応の種別

説明

受付日

2019年6月17日

回答日

2019年6月24日

公表日

2019年8月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない