ページの先頭です

平野区役所職員の身だしなみとケースワーカーについて

2019年8月31日

ページ番号:477623

市民の声

 職員の身だしなみについて、ひげを生やすことでイメージダウンになる場合などは、不快を与えないようマスクをするべきではないのか。
 引っ越しをした際には早急に家を確認するべきである。もし、引っ越し先に住んでいなければ不正受給になるということを念頭に入れた上で、早くに行うべきである。

市の考え方

 職員の身だしなみにつきましては、区役所へ来庁された方が不快な思いをすることがないように心がける必要があると考えております。
 大阪市職員倫理規則にもありますように、「常に清潔な身だしなみを心がけること」「市民に不快感を覚えさせないこと」を管理監督者を通じて職員に対し、周知や指導を行ってきたところです。
 この度いただきましたご意見も踏まえ、改めて担当職員に公務員に相応しい清潔感のある身だしなみを心がけるとともに、市民に不快感を覚えさせることがないよう指導しました。引き続き職員の意識向上に努めてまいります。
 ご指摘のとおり、訪問調査活動は生活保護制度の中核をなす重要な業務であり転居確認は早急に実施するべきと考えており、速やかな転居確認に努めてまいります。

担当部署(電話番号)

・生活支援課職員の服務規律全般について
  平野区役所 生活支援課(第1支援)
  (電話番号:06-4302-9872)
・家庭訪問について
  平野区役所 生活支援課(第2支援)
  (電話番号:06-4302-9873)

対応の種別

説明

受付日

2019年6月21日

回答日

2019年7月5日

公表日

2019年8月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページへの別ルート

表示