ページの先頭です

大正区役所での印鑑登録の廃止手続きについて

2019年8月31日

ページ番号:477632

市民の声

 6月21日に担当者から電話で調査結果の報告を受けたが、6月12日に24番窓口で対応した担当者がわからず、抹消用紙・印鑑登録カードも見当たらないとのこと。
 印影のコピーで悪用の例もあるので、警察に紛失届を提出してほしい。

市の考え方

〔経過〕
・令和元年6月19日(水曜日)に、申出人様より24番窓口に印鑑登録申請の届出がありました。その際に、申出人様から「先日、印鑑登録の廃止のみ行った。」とのお申し出がありましたので、届出日前後数日分の当方で保管している廃止等申請書(以下申請書という)、廃止済の登録証のストックを確認しましたが、申出人様からの申請書、登録証は確認できませんでした。さらに、廃止のお届けがあった場合抜き取る「原票」の存在を確認しました。また、印鑑登録の廃止のみ行ったとお申し出の6月12日以降に印鑑登録証明書が発行されていないことを確認し、お伝えさせていただきました。
・6月24日再び来庁され、経過報告の文書回答のご要望をいただきました。
〔調査結果〕
・申出人様のお手続きは、記憶に残りやすいケースでありますが、申請書記載の補助等を行う窓口案内人、受付対応する職員には対応した記憶のある者はおらず、ご提出いただいたとお申し出の申請書、登録証は確認できませんでした。
・6月24日以降、再度窓口周辺の捜索を行うとともに、個人のデスクについても徹底的に捜索を行いましたが、見当たりませんでした。
・お申し出のとおり登録証をご提出の場合、登録印に関してとなりますので、印章の紛失であるのか改印であるのか等、その事情についてはお伺いすることになりますが、対応職員が当日伺ったのは、廃止後に証明書発行ができないことについてのみ、と申出人様からお話しいただいております。
・窓口では受付者は必ず緑の番号札をお渡しし、交付の際にその番号をお呼びすることとなっていますが、当日番号札はお受け取りになっていないと申出人様からお話しいただいております。
・以上のとおり、担当した職員に記憶がないこと、申請書が見当たらないこと、受付職員による届出内容の確認がなかったこと、番号札をお渡しがなかったことから、大正区役所としては、本手続きについて、受付自体が行われなかったものとの結論に至りました。
〔紛失届の提出について〕
・大正区役所といたしましては、本件については、紛失したというよりも、ご説明いただきました手続きが行われていないという認識ですので、遺失届出書(=紛失届)は提出いたしません。
〔印鑑登録について(補足情報)〕
・印影のコピーがあれば悪用できるとのお話をいただいておりますが、印鑑登録証明書の効力は印影が一致する印章(=実印)とともにあって初めて有効となります。
・印鑑の登録は、一人につき一つの印影を登録できます。証明書発行においては、印鑑登録証等が必要です。請求書に記載の住所、氏名、生年月日が一致しない場合、証明書は発行いたしません。

担当部署(電話番号)

大正区役所 窓口サービス課 住民情報グループ
(電話番号:06-4394-9963)

対応の種別

説明

受付日

2019年6月24日

回答日

2019年7月4日

公表日

2019年8月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない