ページの先頭です

阿倍野区役所の住民登録・戸籍担当窓口の申請書類について

2019年8月31日

ページ番号:477635

市民の声

 本日、転入届等で来庁して長く待たされましたが、フロアに置いてある異動届や申請書を見たら蛍光ペンでマーカーが入っていました。届書や申請書にこんなことをしている時間があるのならもっと待ち時間を短くするために業務にあたってほしいと思います。マーカーを入れる作業にどのくらいの時間がかかっていてどのような効率でやっているのか把握しているのでしょうか。こんなことをするのなら最初からこの部分をカラーで印刷すればいいのではないですか。
 また、異動届の用紙では「令和」の文字が手書きしてあります。手書きで元号を書き込むなんて無駄ですよね。ゴム印を押すなどすれば効率的にできると思います。こんな無駄なことはすぐやめて待ち時間の解消に力を入れるべきだと思います。
 来庁者へのサービスのつもりですか?区長もこんな無駄なことをいいことだと思っているのですか。区長の考えとこの作業にどのくらいの時間と労力がつぎ込まれているのか、回答してください。

市の考え方

 このたびは長時間お待たせし、ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申しあげます。
 さて、その際にご指摘をいただきました各種申請書に入れております蛍光マーカーと「令和」の元号記載につきましてご説明いたします。
 蛍光マーカーにつきましては、本年3月、多くの来庁者様が記載台で異動届を記載しておられる際に、フロア担当の者が必ず記載していただかなければならない箇所にマーカーを入れてご説明いたしましたところ、来庁者様からわかりやすいとのお声をいただきましたので、異動届のほか、各種申請書にもマーカーを入れるようにしております。
 また、マーカーを入れる作業は来庁者様の少ない空き時間帯に行っており、この作業が原因で来庁者様の待ち時間が長くなっているということではございませんのでご理解いただきたいと思います。印刷の時点でカラー印刷してはどうかとのご意見をいただいておりますが、大阪市として一括で作成している帳票であり、現時点ではカラー印刷を行う予定はございません。
 次に、「令和」の元号が手書きであった点につきましてご説明いたします。
 大阪市としましては、予定されていた改元に対応できるよういろいろな準備を進めてまいりましたが、元号の発表が4月であったため、新元号を印刷していない帳票の補充をせざるを得ず、新元号を手書きで記載して使用している帳票があります。
 ゴム印で対応している帳票もありますが、ご指摘の異動届は、4枚複写の帳票であり、ゴム印の押印よりも直接手書きする方が作業を行うには効率的であることから手書きで対応しています。
 体裁等、ご気分を害し申し訳ございませんが、今後、新元号を印刷した帳票に順次変えていくことになりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

阿倍野区役所 窓口サービス課
(電話番号:06-6622-9963)

対応の種別

説明

受付日

2019年6月24日

回答日

2019年7月1日

公表日

2019年8月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない