ページの先頭です

コンビニ店頭の灰皿撤去の指導について

2019年8月31日

ページ番号:477672

市民の声

 コンビニ店頭の灰皿を改正健康増進法第二十五条の三の規定により、撤去及び指導をしてください。コンビニ店の多くは、未だに灰皿が置かれ、店の利用者や、利用しない喫煙者もそこに集まって喫煙しています。 
 毎日、店の傍を通る多くの通行者(子ども・学童や妊婦、病弱者なども含まれる)と、店を利用する人も受動喫煙で健康を害することになっています。 
 第一種施設の敷地内禁煙の義務化により、近くのコンビニ店の灰皿に、より多くの喫煙者が集まることが考えられます。
 改正健康増進法 (喫煙をする際の配慮義務等)第二十五条の三で 
1.何人も、喫煙をする際、望まない受動喫煙を生じさせることがないよう周囲の状況に配慮しなければならない。 
2.多数の者が利用する施設を管理する者は、喫煙をすることができる場所を定めようとするときは、望まない受動喫煙を生じさせることがない場所とするよう配慮しなければならない。 
と規定され、本条項は、本年1月24日より既に施行されていることからして、大阪市としてコンビニ店頭の灰皿撤去の指導を早急にお願いします。 

市の考え方

 受動喫煙防止対策は、平成31年1月24日に改正施行された健康増進法(以下、改正健康増進法という)25条、平成31年3月20日に制定された「大阪府受動喫煙防止条例(以下、大阪府条例という)」に基づき実施しております。
 これらの法律・条例では、お申し出いただいたとおり、屋外においても、望まない受動喫煙を生じさせることがないよう周囲の状況に配慮しなければならないことを規定していますので、具体的な店舗等をお教えいただけましたら、本市より当該店舗に対しまして、受動喫煙防止対策にご理解いただくよう指導させていただきます。 
 なお、本市におきまして、令和元年6月1日からは、「大阪市受動喫煙防止対策コールセンター(電話番号:06-6244-7600)」を開設し、改正健康増進法及び大阪府条例に基づく受動喫煙に関する相談業務を開始しておりますので、受動喫煙に関するご相談やお問合せの際にご利用ください。

担当部署(電話番号)

健康局 健康推進部 健康づくり課分室
(電話番号:06-6244-7600)

対応の種別

説明

受付日

2019年6月30日

回答日

2019年7月12日

公表日

2019年8月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない