ページの先頭です

歩きタバコの取り締まりについて

2019年9月1日

ページ番号:477688

市民の声

 たばこについて以前から気になっていることがあります。
 取り締まりをされているようですが、何人体制で取り締まり頻度等実態はどうなってますか?
 とういうのも、勤務先が中央区内なのですが、本当に歩きタバコが多くうんざりしています。公園も近所に二箇所ありますが、お昼時そこでお弁当を食べようとしても喫煙者ばかりで不愉快です。最近妊娠し、歩きタバコによる受動喫煙が大変気がかりとなっています。取り締まってるところも見たことがなく、過料も1,000円は低額ではないでしょうか?喫煙者が詫びる様子もなく堂々と吸ってる様子を見ていると心底腹が立ちます。
 2020年4月には屋内全面禁煙の動きもある中で、この歩きタバコを抑制しないのなら、より被害は拡大することが目に見えています。
 今後規制を強化する等対策を行う予定があるなら、そちらも教えていただけないでしょうか?
 妊婦、子ども、病気の方に優しい街づくりをよろしくお願いいたします。

市の考え方

 大阪市では、市民の皆様の安心、安全及び快適な生活環境を確保することを目的として、平成19年4月に「大阪市路上喫煙の防止に関する条例」を施行し、道路、広場、公園その他の公共の場所で、他人に迷惑や危険を及ぼすおそれのある喫煙はしないよう自主的な努力を促すとともに、有識者・各種団体等の代表者で構成された「大阪市路上喫煙対策委員会」(以下、「路上喫煙対策委員会」)の答申を踏まえ、現在、「御堂筋及び大阪市役所・中央公会堂周辺」と「都島区京橋地域」、「中央区戎橋筋・心斎橋筋地域」を「路上喫煙禁止地区」(以下、「禁止地区」)に指定し、違反者に対し罰則(過料1,000円)を適用しています。
 また、現在、北区JR大阪駅・阪急梅田駅周辺地域及び天王寺区・阿倍野区天王寺駅周辺地域の新たな「禁止地区」指定に向けまして、「路上喫煙対策委員会」で審議をいただいているところです。
 ご指摘の「取り締まり」につきましては、「禁止地区」内を1班4名の3班体制で大阪市路上喫煙防止指導員が毎日(土曜日・日曜日・祝日を含む)巡回しており、喫煙されている方を確認した際は条例に違反していることを伝え、過料を科しておりますが、今回のご指摘も踏まえ、「禁止地区」内の巡回強化について検討してまいります。なお、詳細な巡回頻度については業務の特性上控えさせていただきますので、ご理解いただきますようお願いいたします。
 過料につきましては、違反者の摘発や徴収実績を上げることを目的とするのではなく、違反者に、条例の趣旨、目的を理解していただくための契機となるものと考えており、他都市の事例も参考に1,000円と条例で定めております。

担当部署(電話番号)

環境局 事業部 事業管理課(事業管理)
(電話番号:06-6630-3228)

対応の種別

説明

受付日

2019年7月1日

回答日

2019年7月10日

公表日

2019年9月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない