ページの先頭です

たばこのポイ捨てについて

2019年9月1日

ページ番号:477709

市民の声

 近所の側溝にいつもタバコの吸い殻が大量に捨てられています。これから大雨のシーズンです。排水路がつまって水が溢れ出さないか心配です。
 随分、減りはしましたが、それでも路上や側溝や排水路にポイ捨てする人が後を絶ちません。自身も、毎日、家の前の道路のごみ拾いをしていますが、毎日、多くの吸殻が路上に捨てられています。
 マナー啓発では最早解決は無理なように思います。早急な罰則を含む対策が必要だと思います。
 よく放出駅で放置自転車についての啓発が行われています。先日もティッシュペーパーが配られていました。タバコのポイ捨て防止の啓発活動も行って欲しいと思います。

市の考え方

 本市では、清潔で美しいまちづくりを推進するため、平成7年に「ポイ捨て防止条例(空き缶等の投げ捨て等の防止に関する条例)」を施行して、ポイ捨てを禁止するとともに、市民、事業者、行政が一体となってまちの美化を進めるためのそれぞれの責務を定め、市民マナーの向上や美化意識の高揚に努めています。
 また、清潔で美しいまちづくりのため、主要ターミナルや繁華街などに指定する清潔保持推進区域(ノーポイモデルゾーン)において、周辺の企業、地域団体の皆様が定期的に実施する清掃活動やポイ捨て防止などの啓発活動など、それらの活動に対して支援を行う「まち美化パートナー制度」を実施するほか、毎月1日を「美化強化デー」として、市民、事業者の皆様に門前清掃を呼びかけるなど、ボランティア清掃の活動にご協力をいただく市民の皆さまに対する清掃用具の交付などの活動支援を行っております。

 次に路上での喫煙に関しましては、市民の皆様の安心、安全及び快適な生活環境を確保することを目的として、平成19年4月に「大阪市路上喫煙の防止に関する条例」を施行し、道路、広場、公園その他の公共の場所で、他人に迷惑や危険を及ぼすおそれのある喫煙はしないよう自主的な努力を促すとともに、有識者・各種団体等の代表者で構成された「大阪市路上喫煙対策委員会」答申を踏まえ、現在、「御堂筋及び大阪市役所・中央公会堂周辺」と「都島区京橋地域」、「中央区戎橋筋・心斎橋筋地域」を「路上喫煙禁止地区」に指定し、違反者に対し罰則(過料1,000円)を適用しております。

 たばこのポイ捨てを含め、不法投棄については法律で禁止されている行為であり、当該行為が犯罪である旨を明記したポイ捨て禁止ポスターを設置するなど、ポイ捨て防止に向けた啓発活動に、より一層取り組むとともに、路上喫煙の防止に向けた取組を進めてまいります。

担当部署(電話番号)

環境局 事業部 事業管理課(事業管理)
(電話番号:06-6630-3228)

対応の種別

説明

受付日

2019年7月5日

回答日

2019年7月17日

公表日

2019年9月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない