ページの先頭です

大正区役所区民音楽祭を廃止にしてT-1グランプリを継続する理由

2019年9月1日

ページ番号:477717

市民の声

 ホームページを見ると、大正区の区民音楽祭が2017年をもって事業終了していますが、これはなぜでしょうか。
 区民からの評判もよく、私も子供が吹奏楽部に所属しておりましたので何度か鑑賞しましたが、素晴らしいものでした。
 最後には、区内学校の吹奏楽部や軽音楽部などの全員合同演奏などもあり、参加者、鑑賞者どちらも大変満足できる素晴らしい行事でした。
 子供達にとって発表の場があるということは、とてもやりがいのあることであり、このような貴重な体験をできる機会を区としてはできるだけ減らさない努力をしてほしいです。 
 同じく大正区では、音楽イベントとしてT-1グランプリがありますが、これは継続されるようです。これに出ている演奏者は、必ずしも大正区に縁りのある人達ばかりでないと聞きます。
 「T-1ライブGPは若手ミュージシャンの育成と、地域の若者のネットワーク形成を目的としております。」とのことですが、目的達成できていますか?
 T-1グランプリを廃止すべきとは思いませんが、区民音楽祭を廃止にしてT-1グランプリを継続する理由が分かりません。

市の考え方

 区民音楽祭につきましては、区内で音楽活動に励む方々に、日頃の練習の成果を発表する場を提供すると共に、音楽を通じた世代間の交流を図ることで大正区への愛着を深め、地域コミュニティの活性化を進めることを目的に区役所が主催行事として実施してきました。
 一方、平成30年4月1日に策定した「大正区将来ビジョン2022」においては、地域活動の活性化・地域コミュニティの充実には住民自ら地域に対する愛着心の高揚を図ることが重要であり、行政はそれを支援することと位置づけております。
 そういったことから、区民音楽祭など区民の皆さまの日頃の活動の発表の場としては地域団体等が中心となって実施していただくことで、今まで以上にコミュニティの充実が図られることになると考えられ、区役所はその支援(例えば、広報、区役所附設会館使用料の減免など)を行うことといたしました。ご理解いただきますようお願いいたします。

 また、今年度、開催11年目を迎えたT-1ライブグランプリにつきましては、「大正区将来ビジョン2022」を踏まえ、区役所が区民に対して、「区の内外を問わず、プロになるという夢を本気で追い求める若者の姿」をお示しすることで、「区民自身の『ゆめづくり』への動機づけ」と「『ゆめづくり』を支えることによるシビックプライドの醸成」を促進するという目的を新たに掲げ、開催しております。
 グランプリを獲得した出場者には、「大正区音楽振興大使」として1年間、区内の各種団体などが主催する地域活動や様々なイベントに参画するなど、上記行政目的「ゆめづくり」にご協力いただくことになっています。
 本イベントは、今後9月に予選第2回、12月にファイナルを開催してまいります。ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

担当部署(電話番号)

〔区民音楽祭について〕
大正区役所 政策推進課 地域グループ
(電話番号:06-4394-9743)
〔T-1ライブグランプリについて〕
大正区役所 政策推進課 政策推進グループ
(電話番号:06-4394-9975)

対応の種別

説明

受付日

2019年7月7日

回答日

2019年7月19日

公表日

2019年9月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない