ページの先頭です

人事評価制度について

2019年9月1日

ページ番号:477721

市民の声

・大阪市の人事評価制度では職員を5段階に分けて評価しているが、職員の頑張りを正当に反映したものになっていないのではないか。
・人事異動等で新たな職場に着任した職員は、担当業務を熟知するまでに一定の期間を要するため中々結果を出すことができず、ひいては低評価(「第4区分」または「第5区分」)を受けていると聞き及んでいる。
・淀川区役所には、職員の画期的な提案や功績等の事例を募り、その中から優秀者を表彰して人事考課に加点する制度があるとのことだが、それができない職員を評価する仕組みになっていない。
・大阪市の人事評価制度で低評価を受けた職員のボーナスを削り、高評価職員のボーナスに上積みしているものと推察するが、職員の頑張りを正しく評価できていない中で行われていることであり、低評価を受けた職員にとって酷な仕組みであると考える。
・淀川区役所として人事評価制度を今後どのようにしていこうとしているのか。

市の考え方

 大阪市では、職員一人ひとりの勤務実績や能力を公正・客観的に評価し、職員の資質、能力、執務意欲の向上を図ることを目的に人事評価制度を導入しています。
 評価においては、各職員の上司が行った評価を基に絶対評価点を確定し、高得点者から順に大阪市職員基本条例に定める相対評価区分割合に基づき、第1から第5までの区分を決定しております。
 淀川区役所では市政の推進や市民サービスの向上、業務改善・効率化等に優れた功績や提案を行った職員を称える職員表彰を実施しており、優秀者には人事評価において加点するなど、職員の意欲向上やチャレンジ精神高揚を図っております。
 一方、人事異動等で新しい職場に着任した職員が担当業務に熟練するまでに一定の期間を要している側面はありますが、そのような状況にあっても創意工夫を凝らして業務を遂行し、あるいは新たな視点で画期的な提案を行う職員も存在しており、それらの行動は評価点に反映させております。
 淀川区役所といたしましては、今後も人事評価制度を適切に運用するとともに、職員の意欲高揚に努めてまいりますので、ご理解いただきますようよろしくお願いします。

担当部署(電話番号)

淀川区役所 総務課 
(電話番号:06-6308-9625)

対応の種別

説明

受付日

2019年7月8日

回答日

2019年7月10日

公表日

2019年9月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない