ページの先頭です

「市民の声」という表現について

2019年9月1日

ページ番号:477727

市民の声

 役所に対して、市民から寄せられた様々な申し出等を「市民の声」というふうに表現する部署があるが、役所において、最終的にデータベースシステムへ登録し、処理された場合の「市民の声」(市民の申し出等)という表現と、役所において、最終的にデータベースシステムへ登録されることなく処理された場合の「市民の声」(市民の申し出等)という表現の違いがよくわからない。

市の考え方

 「市民の声」は、各区役所・局・室へ市民から寄せられる本市行政に関する意見・提案、要望、苦情、相談・問合せなどをいいます。
 一方、お寄せいただいたこれらの意見等に対して市民の方へ回答し、更にはその意見等の要旨と本市の回答を広く紹介することで、市民の皆様との情報共有を行うため、各事業の簡易な問合せや各所属所管部署で完結するものなどを除き、市民の声データベースシステムに登録し、市民の声の見える化などの事務処理を行っており、これらのものも「市民の声」としています。
 なお、市民の声データベースシステムに登録したものには、市民の声ナンバーを附番し、申出人様への回答に記載することとしております。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

政策企画室 市民情報部 広聴担当
(電話番号:06-6208-7331)

対応の種別

説明

受付日

2019年7月9日

回答日

2019年7月16日

公表日

2019年9月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない