ページの先頭です

ごみの収集が雑だったことについて

2019年9月1日

ページ番号:477728

市民の声

 本日、11時30分頃に自宅前付近のごみの収集に来たが、雑な収集でごみが散らかっているにもかかわらず、そのままほったらかし(からすがエサを探して、ビニール袋を破り、生ごみ等が散らばった状態)だった。
 普段は、ちゃんと収集してくれるのに、今日は雑だ。
 業務委託しているのであれば、どこまで業務委託をしているのか?業務委託の監督(品質管理等)誰がしているのか?
 からす対策は、どこまでしているのか?

市の考え方

 この度は、ごみの積み残しによりご迷惑をおかけしたことにつきまして、深くお詫び申しあげます。
 お住まいの地域の普通ごみ収集につきましては、業務委託は行っておらず、地域を担当している中部環境事業センターに対しまして、ご指摘いただきました内容を通知し、からす等による散乱ごみでも、可能な限り収集するよう、改めて指示・指導を徹底いたしました。
 また、今回ご指摘の「からす対策」につきましては、大阪市としても、これまで様々に研究・検討を重ねてきていますが、効果的な方策が見つからず、対応に苦慮しているところです。
 現時点におけるからす対策としましては、各ご家庭で、1、からすの餌となる生ごみや残飯を減らす、2、ネットを正しく使用する(ネットと地面との間に隙間ができないように、ごみ袋をネットで包み込む)、3、からすから生ごみなどを見えないようにしてごみを出す(餌となるものだけを新聞紙や紙袋などで包んで見えなくする)などの対応をお願いしているところですが、中部環境事業センターにおいて、地域のからす等の散乱被害を少なくするよう、ごみの出し方や対策に対して更なる啓発に努めてまいります。
 引き続き、適正な廃棄物処理事業に努めるとともに、ごみの積み残し等が無いよう再発防止に努めてまいります。

担当部署(電話番号)

環境局 事業部 事業管理課(事業管理)
(電話番号:06-6630-3226)

対応の種別

説明

受付日

2019年7月9日

回答日

2019年7月23日

公表日

2019年9月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない