ページの先頭です

民間のごみ収集車について

2019年9月1日

ページ番号:477750

市民の声

 以前から環境局一般廃棄物処理課に話をしているが、大阪市から許可を受けた民間の廃棄物処理業者がパッカー車の後ろを開けて猛スピードで走っているのをよく見かける。ごみを収集しているのかまき散らしているのかわからない。何度も申し入れしているため段々よくなっていたが、人事異動で担当が変わったとたんに指導が生温くなったのではないかと心配している。
 市が許可を与えているのだから、何回指導をしても改善できない業者の許可を取り消すくらいのペナルティを与えてもいいのでないか。
 長寿と環境が市民のための一番の目標である。万博も決まり都構想にも期待している。大阪市民として市の行政への期待値は高い。期待に沿うよう頑張って業務にあたっていただきたい。

市の考え方

 大阪市では、これまで、許可業者に対し交通ルールの遵守及び交通マナーの向上につきまして注意喚起するとともに、一般廃棄物収集運搬業は非常に公共性の高い業務であり、常に市民の皆様の目線に立ち業務を行うよう指導を行ってきております。
 また、後部スライドゲートの開閉状況につきましては、実態について現地調査を行い、「閉口」が徹底されていなかった許可業者については個別に呼び出し指導を行ってきたところです。
 いただいたご意見については真摯に受け止め、後部スライドゲートの閉口の徹底をはじめ、交通ルールの遵守及び交通マナーの向上について改めて指導を強化してまいります。
 なお、許可業者名や許可番号・車両番号をお知らせいただければ当該業者に対し直接指導を行う事ができますのでよろしくお願いいたします。

【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

環境局 事業部 一般廃棄物指導課
(電話番号:06-6630-3265) 

対応の種別

説明

受付日

2019年7月10日

回答日

2019年7月18日

公表日

2019年9月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない