ページの先頭です

水害ハザードマップが小さすぎて読めないし画像が荒い

2019年9月1日

ページ番号:477766

市民の声

 水害ハザードマップは拡大後マップ上をマウスで移動できないし拡大縮小もできない。A4用紙(ふつうパソコンの用紙サイズ)にプリントアウトしたら小さすぎて読めないし画像が荒い。実際には使い物にならない。本気で災害時の対応を考えているのか?税金で作るのだから、使い物にならない物を作ってどうする、同じ金を使うならもっと使い勝手の良い効果的なものを作ってほしい。

市の考え方

 大阪市ホームページで公開している水害ハザードマップは、拡大・縮小、マウス移動いずれも可能となっておりますので、水害ハザードマップのPDF一覧のページの下に掲載しているAdobe Acrobat Reader DCをダウンロードして再度ご確認頂きますようお願いします。
 インターネットを利用して地図情報を配信する地図情報サイト「マップナビおおさか」においても、浸水想定区域図をはじめとする防災情報マップを掲載していますので、併せてご活用いただきますようお願いします。
 また、水害ハザードマップのデータは、A2サイズの紙媒体として作成するためのデータを参考として公開しています。なお、水害ハザードマップは各区役所及び危機管理室(大阪市役所5階)でも配架しています。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

危機管理室 危機管理課
(電話番号:06-6208-7388)

対応の種別

説明

受付日

2019年7月15日

回答日

2019年7月29日

公表日

2019年9月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない