ページの先頭です

緑陰道路の遊具の利用と犬の飼いかた指導について

2019年9月30日

ページ番号:480257

市民の声

 この季節になると、緑陰道路を夕涼みしながら散歩する人が増えています。
 最近、8時ごろになると犬を連れた3人組がバランス棒に腰を下ろして談笑し、犬を放し飼いにされて、大変迷惑しています。先日は、その犬に噛みつかれそうになり、驚きました。飼い主に注意を促しても「おとなしい犬だから」と聞く耳を持ってくれません。
 遊具は運動するための物なので、ベンチを利用されるように、また、犬はリードを持っていただくように指導してください。
 また、最近、バランス棒を塗装され、持ち手がべたべたして利用者が困っています。以前の鉄製の物が利用しやすかったので改善してください。

市の考え方

 犬の飼い方指導につきましては、調査に先立ちまして詳細をお伺いしたいと存じますので、お手数ですが下記お問い合わせ先までお電話いただきますようお願い申しあげます。
 また、緑陰道路に設置しております平行棒(バランサー)につきましては、塗装がはがれ、錆も確認できたため、腐食を防止する必要があり、錆を落とす作業をした後に塗装を行ったものです。遊具を安全かつ長期的に利用できるようにするための維持管理作業であるため、ご理解の程お願いいたします。

【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

西淀川区役所 保健福祉課
(電話番号:06-6478-9973)

対応の種別

説明

受付日

2019年6月21日

回答日

2019年7月1日

公表日

2019年9月30日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない