ページの先頭です

敬老優待乗車証の交付手続きに要する日数について

2019年9月30日

ページ番号:480261

市民の声

 私は72歳の女性です。他国から日本へ一時帰国し、かれこれ25年余りになります。足腰が丈夫なうちに地下鉄やバスに乗って、出掛けたいと思っています。年金生活なので、生活は苦しいです。敬老パスの申請から交付迄には、約40日かかるとありますが、せめて、国民健康保険並の1週間位にして頂きたく思います。よろしくお願い致します。ちなみに他国では、65歳になると、顔写真はなしで電車、バス、フェリーは無料です。

市の考え方

 敬老パス交付制度につきましては、高齢者の方々に敬意を表するとともに、地域でのボランティア活動や友人たちとのふれあいなど、社会参加を促進し、元気でいつまでもご活躍いただくことを目的とした高齢者のいきがい施策として、昭和47年11月から実施しております。
 敬老パスは、スルッとKANSAIが運営するPiTaPaカードの仕組みを利用しているため、敬老パスの作製をスルッとKANSAIに委託しているところです。一般的なPiTaPaカードの作製は約3週間を要すると聞いておりますが、敬老パスはPiTaPaカードを作製する工程に加えて、顔写真の登録等を行う必要があるため、申請から交付までに約40日を要しております。
 敬老パスの作製期間の短縮化につきましては、これまでも関係先との調整を行ってきたところではありますが、引き続き取り組んでまいります。

担当部署(電話番号)

福祉局 高齢者施策部 いきがい課 
(電話番号:06-6208-8056 ファックス番号:06-6202-6964)

対応の種別

説明

受付日

2019年6月28日

回答日

2019年7月12日

公表日

2019年9月30日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない