ページの先頭です

船場法人市税事務所職員の電話対応について

2019年9月30日

ページ番号:480273

市民の声

 給与所得などに係る市民税・府民税特別徴収税額の決定・変更通知書(納税義務者用)の書類が届いていないため、船場法人市税事務所に電話をしたところ、令和元年7月4日、午後5時15分ごろ、折り返しの電話がありました。自分が誰なのか、名乗りもしません。そして此方には瑕疵はなく、貴女が失くしたのだろう、と言わんばかりの上から目線の態度でした。本当にビジネスエチケットのない、非常に失礼な態度です。公務員の方は、最初にビジネスエチケットを学んだほうが良いのではないでしょうか?数年間民間の企業で働いてから、公務員になるという事にすれば如何でしょうか?最初に電話した時受付の方が、「上の者から電話します。」との事でしたので、恐らく副所長クラスの方(かどうかわかりませんが)だと思います。ご自分の立場を弁えて、市民のために奉仕しているのだ、と言う事を忘れずに応対してほしいものです。これでは大阪市民税を支払う気になりません。今年もふるさと納税しようと強く思いました。

市の考え方

 この度は、船場法人市税事務所職員がいたしましたお電話でのご案内におきまして、大変ご不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。
 市税事務所においては、日頃より市民の皆様に親切・丁寧な応対を心掛けるよう職員に指導しているところですが、今回の対応に対しまして、職員の名乗りもなく、上から目線の態度であったとのお申し出を受け、当該職員に対して改めて指導するとともに、公務員が全体の奉仕者であることを改めて認識し、丁寧で的確な接遇に心掛けるよう、担当内において再度の周知徹底を行いました。

担当部署(電話番号)

財政局 税務部 課税課
(電話番号:06‐6208‐7751)

対応の種別

説明

受付日

2019年7月5日

回答日

2019年7月18日

公表日

2019年9月30日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない