ページの先頭です

住之江区役所の駐車場について

2019年9月30日

ページ番号:480283

市民の声

 令和元年7月10日(水曜日)に期日前投票のために、夫と一緒に車で区役所へ行った。夫は障がい者で車いすを利用している。
 障がい者用スペースに駐車したが、今までであれば車を右に寄せて夫は左から降りていたが、駐車場が有料になり、跳ね上げ式の機械が設置されたため、左側に寄せて停めないといけなくなった。
 夫は杖をついたまま待たせている間に車いすを出して、車いすの所まで夫を連れて行って何とか区役所に入りました。
 駐車場の構造が障がい者にとって利用しにくい。左から降りる人もいれば、右側から降りる人もいるはずで、どちらからでも降りやすくするべきです。
 区役所の案内で「右側にスペースを設けている理由としては、障がい者本人が一人で来られた時に右から降りやすくするため」と丁寧に説明を受けたが、笑いながら言っていいことではない。補助者がいる場合とそうでない場合とで区別されるものではないはずで、特定の障がい者を想定した構造になっていることが問題だと思います。
 また、駐車料金については駐車証明書をとり、障がい者手帳を提示すれば無料になると案内を受けていたが、人によっては「駐車証明書は必要ない」と言ったり、統一されていない。無料になるシステムをみんなきちんと理解していないのではないですか。

市の考え方

 当区役所の駐車場につきましては、令和元年5月20日から有料となり、各駐車スペースには跳ね上げ式の装置が設置されることとなりました。
 障がい者用駐車スペースにつきましては、区役所庁舎からみて右側部分について乗降しやすいようにスペースが設けられていますが、左側部分につきましては跳ね上げ式の装置があるため乗降にご不便をおかけする結果となってしまいました。また、なぜ右側にスペースが設けられているかのご説明を行った際に不快な思いをさせてしまったことについては、誠に申し訳なくお詫び申しあげます。
 障がい者用駐車スペースをご利用いただく際には大変ご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解いただきますようよろしくお願い申しあげます。
 また、駐車料金が無料となる場合と、その方法について職員間で説明が統一されていないというご指摘につきましては、今後このようなことがないよう周知徹底に努めてまいります。

【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

住之江区役所 総務課
(電話番号:06-6682-9625)

対応の種別

説明

受付日

2019年7月10日

回答日

2019年7月24日

公表日

2019年9月30日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない