ページの先頭です

難波宮跡のホームレス対策について

2019年9月30日

ページ番号:480335

市民の声

 難波宮のホームレスの数が増えています。
 ボール遊びなどで子供達が頻繁に遊ぶので、ビニールテントを壊したりとか、トラブルにならないか心配です。
 中にはトイレではなく、外で用を足しているのも見受けられ、悪臭も放っています。
 子供達の安全の為に、一刻も早く退去して頂くように話し合いをお願い致します。

市の考え方

 史跡難波宮跡は市民の方を含め皆様に一般開放し、日頃から、様々な用途でご利用いただいており、大阪市といたしましても、有意義な土地の開放ができていると考えております。
 しかしながら、当史跡は、都市公園法の指定を受けた公園ではなく、文化財保護法の適用により史跡指定を受けている用地でございまして、都市公園法で定める代執行などの強制執行等の権限は付帯されていないこともあり、強制的な処置を講じることが困難な状況となっております。
 本市といたしましては、週一回程度で各人を訪問し、ホームレスの自立支援を促す実施計画に準じて、自立支援センターへの引継ぎをはじめとする施設入所への勧奨等、引き続き粘り強い説得を行っていく所存でございます。
 また実際に、令和元年度に入り、3名のホームレスが退去しておりますことを合わせてご報告させていただきます。

担当部署(電話番号)

経済戦略局 文化部 文化課
(電話番号:06-6469-5188)

対応の種別

説明

受付日

2019年7月25日

回答日

2019年8月8日

公表日

2019年9月30日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない