ページの先頭です

ごみ事業の民営化について

2019年10月1日

ページ番号:480373

市民の声

 ごみ事業民営化について、早期実現を急げとする私の意見に対して大阪市の回答は「家庭ごみ収集に関しては、民営化しても必要経費は変わらない」。何を言ってるのか?
 過剰サービスである軒下収集をやめれば済むことだ。そもそも技能労務職員の給与が民間とかい離している件には触れないのは何故か?
 前にも述べたが技能労務職員は不要だ。次回の回答はデータを示した納得のいく回答をするべし。

市の考え方

 「技能労務職は不要だ」とのご指摘について、当局では平成25年度から家庭系ごみ収集輸送事業の「民間化」及び技能職員の「非公務員化」を検討してまいりました。
 その結果、家庭系ごみ収集輸送事業は、使用料等の独自収益が無く、市町村に処理責任があるため、税を財源とする委託という形態をとらざるを得ず、消費税相当分(8%で10億円相当)の負担が発生するなどの課題がありました。
 そのため、技能職員を退職不補充により削減し、段階的に民間委託化を拡大してきました。また、平成29年6月には「経費の削減」と「市民サービスの向上」を二つの柱とする「家庭系ごみ収集輸送事業改革プラン」を策定し、ごみ収集車の配置基準の変更や作業方法の見直し等、更なる効率化による経費の削減や、大規模災害時の対応や福祉的サービス等、市民サービスの向上をめざしております。
 
 なお、上記の検討内容等についてはホームページにて公開しておりますのでご覧ください。
・家庭系ごみ収集輸送事業改革方針(素案)について ~新たな改革プランの策定~
 https://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000392687.html
・「家庭系ごみ収集輸送事業改革プラン」を策定しました
 https://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000402631.html
・「家庭系ごみ収集輸送事業改革プラン」の進捗状況(平成31年1月末現在)について
 https://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000430935.html
 また、「軒下収集をやめれば済む」とのご指摘について、本市では、市民の皆様の日常生活から排出されるごみの収集につきましては、昭和22年の清掃局(現在の環境局)発足以前から軒下収集を行ってきた経過から、原則として各ご家庭の軒先へごみを排出していただいております。
 軒下収集が長年「市民サービス」のひとつとして、市民の間に定着していることに加えて、軒下収集を止める場合に必要になる、ごみの集積場所(ごみステーション等ごみの持ち出し場所)の確保が難しいなどの問題もあります。
 また一方で、軒下収集の実施に伴い、ごみの分別等に係る丁寧な指導や啓発が、各ご家庭ごとに行えるといったことや、近年の少子高齢化等社会状況の変化に伴い、これまで「ごみの持ち出し」にご協力いただいている地域からも、「ごみの持ち出しから軒下収集に変えてほしい」といったご意見も多くいただいていることなどから、現段階で軒下収集を見直すことは難しいものと考えております。
 次に、「技能職員の給与が民間とかい離している」とのご指摘ついて、大阪市人事委員会において平成28年度に行われた「技能労務職相当職種民間給与調査」の結果において、技能労務職員(ごみ収集作業員)の給与については、民間側の年齢及び勤続年数を本市側と同一に補正し比較した場合、本市側が民間側を下回った結果となっております。
 上記の技能労務職相当職種民間給与調査の結果等についてはホームページにて公開しておりますのでご覧ください。
・「技能労務職相当職種民間給与調査の結果等について」概要
・「技能労務職相当職種民間給与調査の結果等について」参考資料(3公民給与等の比較関係その1)をご覧ください。
https://www.city.osaka.lg.jp/gyouseiiinkai/page/0000397362.html

担当部署(電話番号)

・家庭系ごみ収集輸送事業について
環境局 総務部 企画課(運営改革)
(電話番号:06-6630-3156) 
・軒下収集について
環境局 事業部 事業管理課(事業管理)
(電話番号:06-6630-3226)
・技能職員の給与について
環境局 総務部 職員課
(電話番号:06-6630-3145)

対応の種別

説明

受付日

2019年8月2日

回答日

2019年8月16日

公表日

2019年10月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない