ページの先頭です

有償ボランティアの推進について

2019年10月1日

ページ番号:480380

市民の声

 親の介護をしています。他市町村では社協が中心になって500円の有償ワンコインボランティアをやっています。介護保険ではやってもらえない庭の水やり、草取り、剪定、雨どいの掃除、犬の散歩、家の片付け、クリーニングの持ち運び、便利屋さんがやってくれるようなことをすべて1時間500円でしてもらえます。入会金1000円、年会費1000円でボランティアさんの保険料とし、ボランティアさんには500円のみ支払われます。少額でも金銭を受け取ることにより、責任感も生まれ、頼むほうも気兼ねなく依頼できます。
 財政的にもこれからは公費の負担を極力減らすことが求められてきますので、地域の問題、家族だけでは対処できないことを昔は地域のみんなが助け合ってやっていたことを解決していくことが必要と思われます。各自治体に問い合わせて頂けたら、詳しく教えてくれると思います。私も自分の親の世話で精いっぱいで近所のお世話にまで手が回らないのです。余力のある方たちの力を必要としている方たちが大勢いらっしゃいます。是非ともご検討お願いします。

市の考え方

 今般お寄せいただきました「有償ボランティア活動」につきましては、活動される方にとっては、外出や社会参加の機会が増加するとともに、地域社会で役割を担うことによる生きがいづくりや介護予防、活動を利用される方にとっては、自身でできないところを助けてもらうことにより、生活の質の確保・向上につながり、また地域にお住いの方々が「お互いさま」という考えのもと助け合うことで、よりよい地域づくりにつながるものと考えます。
 本市においても他市町村と同様、複数の地域にて、区社会福祉協議会や特定非営利活動法人などの様々な団体が、暮らしの中でのちょっとした困りごとを住民相互の助け合い活動により解決することをめざした「有償ボランティア活動」を行っています。
 当局としましても、上記「有償ボランティア活動」の枠組みを活用し、特に介護予防の視点から、65歳以上の方々が、在宅で何らかの支援が必要な方々に対して、買物や通院同行などに加え、植木の水やりや話し相手、ペットのお世話などの活動も合わせて行う「住民の助け合いによる生活支援活動事業」を平成30年7月から大阪市内の3地域(生野区、東成区、住之江区南港地域)でモデル実施しております。
 この事業では、1回の活動につき、活動者が利用者から100円の謝礼に加え、大阪市から換金可能な介護予防ポイント(600円相当)を受け取る仕組みとしており、今後、実績等を踏まえ、事業の方向性を検討する予定としております。

担当部署(電話番号)

福祉局 高齢者施策部 高齢福祉課(在宅サービス事業グループ)
(電話番号:06-6208-9957 ファックス番号:06-6202-6964)

対応の種別

説明

受付日

2019年8月2日

回答日

2019年8月15日

公表日

2019年10月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない