ページの先頭です

難波の喫煙所について

2019年10月1日

ページ番号:480384

市民の声

 難波の飲食店前に喫煙所が複数ありますが、全て廃止にしたほうが良いのではないでしょうか。私自身、あの辺りはよく通りますが、非常にたばこ臭いです。あの辺りは多くの人が行き交います。非喫煙者も多いと思いますが、不快に思う人が多いでしょう。もし廃止されていないのであれば、全て廃止し、付近は全面禁煙にすべきだと思います。

市の考え方

 大阪市では、市民の皆様の安心、安全及び快適な生活環境を確保することを目的として、平成19年4月に「大阪市路上喫煙の防止に関する条例」を施行し、道路、広場、公園その他の公共の場所で、他人に迷惑や危険を及ぼすおそれのある喫煙はしないよう、自主的な努力を促すとともに、有識者・各種団体等の代表者で構成された「大阪市路上喫煙対策委員会」の答申を踏まえ、現在、3地区を「路上喫煙禁止地区」(以下、「禁止地区」)に指定し、違反者に対し罰則(過料1,000円)を適用しております。
 また、「禁止地区」の指定につきましては、駅周辺や通行者数が多い地域であること、PRや抑止効果が高い地域であることなどとともに、区の意見を踏まえて総合的に判断しております。
 今回、ご指摘の「飲食店前の喫煙所」につきましては、灰皿の設置場所が道路上であるため、道路管理者である建設局に対して灰皿の撤去や 移動等具体的な対処について依頼しました。
 本市といたしましては、「禁止地区」や「たばこ市民マナー向上エリア制度」のエリア拡大に向けた取組を進めますとともに、公共の場所における喫煙マナー、モラルの向上に向けた情報発信や啓発に努めてまいります。

担当部署(電話番号)

環境局 事業部 事業管理課(事業管理)
(電話番号:06-6630-3228)

対応の種別

説明

受付日

2019年8月4日

回答日

2019年8月21日

公表日

2019年10月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない