ページの先頭です

市民の声の回答を組織メールアドレスから送付したことや担当者名の記載漏れは地公法第29条に該当するか

2019年10月1日

ページ番号:480387

市民の声

 政策企画室より政策企画室長名(市民の声)で「お申出の件について、福島区役所に確認したところ、「『1.市民の声に対する回答に使用されたメールアドレスが適正なものかどうか』については、通常、福島区役所「市民の声」専用のメールアドレスより申出人様へ回答の送付をさせていただいておりますが、担当者の不注意により福島区役所企画総務課(企画調整)の組織メールアドレスより送付してしまったものです。不信感を抱かせる対応となってしまい、誠に申し訳ございません。また、『2.当該回答に担当者の名前が記載されていない』については、失念により遺漏しており、重ねてお詫び申しあげます。今後につきましては、適切な事務処理の徹底に努めてまいります。」とのことでした。市民の声制度にかかる運用が徹底されておらずご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。当該所属に対しては、今後、市民の声の回答を作成する際には、原則「担当者名」を記載するとともに、改めて「市民と市政をつなぐ広聴ガイドライン」及び「広聴マニュアル」を遵守するよう指導いたしました。」との回答文を受け取った。
 福島区役所への質問であるが、今回の事案については、地方公務員法第29条の『職務上の義務に違反し、又は職務を怠った場合』という規定に該当するもので間違いないか?

市の考え方

 お問い合わせいただいております、市民の声に対する回答を組織メールアドレスから送付したことや、担当者名の記載を失念した件につきましては、不注意によるものとは言うものの、原則的な事務処理方法で取り扱うべきものでありましたことから、地方公務員法第29条第1項第2号に規定する「職務上の義務に違反し、又は職務を怠った場合」に該当する可能性があるものと考えておりますが、懲戒処分の実施につきましては、その動機及び態様並びに公務内外に与える影響や過去事例等を総合的かつ慎重に勘案した結果、当区として懲戒処分に至るものではないと判断しております。
 今後は、事務ルールに則り適切な事務処理の徹底に努めてまいります。

担当部署(電話番号)

福島区役所 企画総務課(総務)
(電話番号:06-6464-9625)

対応の種別

説明

受付日

2019年8月5日

回答日

2019年8月16日

公表日

2019年10月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない