ページの先頭です

野良猫へのエサまきについて

2019年10月1日

ページ番号:480396

市民の声

 前から野良猫にエサをまきに来る女性がいます。ほとんどが半野良猫で、エサはもらっているため食べません。自宅前やらおかまいなしに夜まきにこられます。自転車に乗った女性で夜20時から22時の間に来ます。猫はほとんど食べずに残していて、イタチやネズミなどが食べて、最近よくイタチやネズミが増えているように思います。法律で禁止されていない事は知ってますが、かなり迷惑しています。張り紙などしていただけませんか?よろしくお願い致します。

市の考え方

 住之江区役所にお寄せいただく野良猫に関するご相談で多いのが、無責任なえさやり等による生活環境被害についてです。
 猫へのえさやり行為につきましては、当該行為を規制する法令等がなく、非常に難しい問題となっております。
 しかしながら、無責任なえさやり行為を容認するものではなく、えさやりをされている方が判明しましたら、無責任にえさを与えないように啓発しています。また、野良猫に無責任にえさやりをしないように広報活動や啓発用ポスターやリーフレットの配布等を行っています。
 このたび、お申し出のあった現場付近を調査しましたが、場所を特定することができませんでした。場所のより詳しい情報をいただければ、看板の設置について土地の管理者等と交渉することも可能と思われます。
 ご質問等ございましたら、担当の窓口までご連絡ください。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

住之江区役所 保健福祉課(健康支援) 
(電話番号:06-6682-9973)

対応の種別

説明

受付日

2019年8月6日

回答日

2019年8月19日

公表日

2019年10月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない