ページの先頭です

通学路での喫煙について

2019年10月1日

ページ番号:480403

市民の声

 小学校周辺を、子供の通学時間帯だけでも喫煙禁止区間にしてほしいです。
 小学校の並びにあるコンビニエンスストアでは、多くの子供達が通る通学路にもかかわらず朝から大勢のサラリーマンが1つしかない灰皿に群がってタバコを吸っており、副流煙が大通りに蔓延してます。その灰皿の隣は地下道へのエレベーターがあり、エレベーターを利用される赤ちゃん連れやお年寄りも煙に巻かれてます。コンビニエンスストアへ意見を出しましたが、返答は「路上喫煙禁止区域では無いから対応しない。」とのことでした。これだけ副流煙の害について取りざたされているのに、子どもが大勢通る通学路で大人数がタバコを吸うことの健康被害は明らかだと思います。子どもたちは毎日のことです。
 なにとぞ画期的な対策をお願いします。

市の考え方

 大阪市では、市民の皆様の安心、安全及び快適な生活環境を確保することを目的として、平成19年4月に「大阪市路上喫煙の防止に関する条例」を施行し、道路、広場、公園その他の公共の場所で、他人に迷惑や危険を及ぼすおそれのある喫煙はしないよう自主的な努力を促すとともに、有識者・各種団体等の代表者で構成された「大阪市路上喫煙対策委員会」(以下、「対策委員会」)の答申を踏まえ、現在、3地区を「路上喫煙禁止地区」(以下、「禁止地区」)に指定し、違反者に対し罰則(過料1,000円)を適用しております。
 また、「禁止地区」の指定につきましては、上記「対策委員会」の答申を踏まえて駅周辺や通行者数が多い地域であること、PRや抑止効果が高い地域であることなどとともに、区の意見を踏まえて総合的に判断しております。
 今回ご指摘の「コンビニエンスストアの灰皿」については、設置場所が敷地内であり本条例の適用外ではありますが、灰皿設置者に対し本市の取組を説明し、灰皿の撤去や移動について依頼に伺い、8月5日に灰皿を撤去されていることを確認しました。
 本市といたしましては、引き続き公共の場所における喫煙マナー、モラルの向上に向けた情報発信や啓発に努めてまいります。

担当部署(電話番号)

環境局 事業部 事業管理課(事業管理)
(電話番号:06-6630-3228)

対応の種別

説明

受付日

2019年8月8日

回答日

2019年8月21日

公表日

2019年10月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない