ページの先頭です

「市民の声」の受付日を誤って入力したことは地公法第29条に該当するか

2019年10月1日

ページ番号:480404

市民の声

 大正区役所より大正区長名(市民の声)で「本事案は、「市民の声」の受付日を誤って入力してしまったことが原因ですが、その動機及び態様並びに公務内外に与える影響や過去事例等を総合的かつ慎重に勘案した結果、懲戒処分など服務上の責任を問うような行為とまでは言えないと考えております。」との回答文を受け取った。大正区役所への確認であるが、本事案については、職員に対して懲戒処分(免職・停職・減給・戒告)を実施することが可能な条件として定められている地方公務員法第29条の「この法律若しくは第57条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合」という規定に該当するもので間違いないか?

市の考え方

 本事案につきましては、以前にもお答えしているとおり、地方公務員法第29条の規定に「違反」しているとまではいえないと考えております。

担当部署(電話番号)

大正区役所 総務課 庶務グループ
(電話番号:06-4394-9974)

対応の種別

説明

受付日

2019年8月9日

回答日

2019年8月23日

公表日

2019年10月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない