ページの先頭です

「市民の声」原稿内容改竄について、阿倍野区広聴に説明を求めます

2019年10月1日

ページ番号:480416

市民の声

 Q【「市民の声」原稿内容改竄について、阿倍野区広聴に説明を求めます。】2019年8月14日投稿
(この原稿内容はマニュアルにもとづき取扱われ、恣意的判断で改竄されず、大阪市ホームページ(福祉部門)へ掲載されることを希望し作成されております)()内も掲載されたい。
 市民の声へ投稿した原稿につき、5月、6月、7月即ち毎月、受付された3件全ての題名が、大阪市ホームページへ掲載される過程で阿倍野区役所広聴において、断りもなく改竄されています。以下3件列挙します
1.5月20日受付、「違法、違反、犯罪によって成立した行政指導の停止を求めます」は「行政指導の停止を求める」に改竄
2.6月17日受付、【2019年5月20日付けメール済み市民の声(福祉)「違法、違反、犯罪によって成立した行政指導の停止を求めます」に対する6月3日付けの回答に対する質問。】は「阿倍野区役所から出した過去の連絡文書の日付について」
3.7月1日受付、「生活保護:行政によるデッチ上げを糾弾する」は「2019年5月20付け市民の声(福祉)に再度回答を求めます」に抗議して原題に訂正済み
 市民の声に投稿された原稿内容については、憲法を持ち出すまでもなく、思想、言論、表現等の自由によって尊重され、それらは市民レベルへ浸透し当然の常識となっているものと考えておりましたが、阿倍野区役所広聴内では、いともたやすく当然のことのように改竄され侵害されています。
 たぶん恐らく最大限の配慮のもと、最小限の制約を持って権利の制限を行われたことかと希望的観測をいたしますが、原稿内容改竄についてどのような基準、どのような理由をつけてされたのか、公表ください。
 原稿の作成投稿の際、広聴ガイダンス、マニュアルに配慮したつもりです。どの規定にもとづいて改竄されたのか、又はその他の規定にもとづいてされたものか?後々投稿して来られる方々と無用のトラブルを惹起させないためにも、公表するべきかと存じますので、よろしくお取り計らいください。

市の考え方

 お寄せいただきました市民の声につきましては、広く市民のみなさまと情報共有することにより、市政に対する理解・関心を深めていただくために、大阪市ホームページにおいて原則公表しております。しかし公表にあたっては、大阪市個人情報保護条例および大阪市情報公開条例の規定を踏まえ、適切に処理する必要があるため、「市民の声の見える化取扱い要領」に基づいて、処理を行っております。「市民の声の見える化取扱い要領」には、件名について、「申出内容に応じた件名をつけること(件名により内容が把握できることが望ましいため、申出人が付した件名ではなく、内容に応じた件名にすること)」とありますので、こちらに基づき、申出人様が大阪市に求められている内容が件名で適切に表現できているか判断しております。市民の方々との情報共有をはかることが、市民の声を公表しております目的の一つでございますので、ご理解たまわりますようお願い申しあげます。

担当部署(電話番号)

阿倍野区役所 総務課(区政企画)
(電話番号:06-6622-9683)

対応の種別

説明

受付日

2019年8月13日

回答日

2019年8月27日

公表日

2019年10月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない