ページの先頭です

東成区役所窓口サービス課(保険年金)の職員の対応について

2019年10月31日

ページ番号:482349

市民の声

 保険年金の支払いについて、職員から取り立てのように対応され、精神的苦痛を受けている。具体的には、電話や窓口での対応時、毎回、いくら払えるかと問いただされる。こちらの収入や家族構成は把握されており、支払える限度額も理解しているはず。また、前任の職員に、毎回支払う金額も伝えており、そのことも引き継ぎを受けているにもかかわらず、毎回、取り立てのように問い詰めることはいかがなものか。窓口での対応について、指導してほしい。

市の考え方

 大阪市では、年間の国民健康保険料を6月から翌年3月までの10期で納付していただくことになっています。1期の保険料に満たない金額での一部納付をご希望される場合は、その月に納付できる最大額をお願いしています。取り立てということではなく、納付金額については、毎月の状況により変化が見込まれるため、金額の確認をその都度させていただいておりますのでご理解をお願いいたします。
 未納額が増えますと、納期限内に納付されている大多数の国民健康保険加入者との負担の公平性を欠くことから、保険料の他に延滞金も発生します。
 納期限内での納付にご協力をお願いいたします。 

担当部署(電話番号)

東成区役所 窓口サービス課(保険年金担当)
(電話番号:06-6977-9946)

対応の種別

説明

受付日

2019年5月28日

回答日

2019年6月11日

公表日

2019年10月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない