ページの先頭です

市営住宅の巡回担当について

2019年10月31日

ページ番号:482404

市民の声

 私は市営住宅に住んでます。以前は府営住宅でしたが、数年前に市営住宅に変わりました。
 住宅管理センターから毎週決まった時間に集会所に担当者が来ていて色々と丁寧に分からないことなど教えて頂いていたのですが、数ヶ月前から来ている時間にもかかわらず、敷地内巡回中の札がかかっていて留守の時が多い。府営の時はそんなことはありませんでした。
 先日、巡回に来ている方に会えたので理由を聞くと、待っている時間に誰も来なければ敷地の巡回をするようになったとのこと。この暑い中、足も悪い年寄りが集会所に行ってるのに留守にしてるのはどうなんでしょうか?週に2時間しか来ないのにその間に留守にされると来ている意味がないと思います。
 担当者もよく変わりますし、こういう事はやめてほしいです。
 府営の時はなかった事が市営になってあるという事は大阪市は市民の事を本当に考えていないということでしょうか?

市の考え方

 巡回管理員制度は、大阪府営住宅の所在が府内広域にわたっており、入居者の皆様が住宅管理センターへ訪問されるのに相当な時間を要する場合があることから、各住宅内に設ける現地窓口に管理センターの職員が定期的に出向き、各種申請等の取次ぎや、住まい方の相談等を行う制度として創設されたものです。
 平成27年8月に市内の府営住宅の多くが本市に移管された以降も、制度の趣旨を踏まえ、移管を円滑に行い入居者の混乱を招かないために、本市においても巡回管理員制度を継続して実施しております。
 平成29年4月には、各住宅管理センターに近接することやこれまでの利用頻度・実績などを勘案し、入居者の皆様にも周知させていただいた上で、開設頻度の見直しや近隣団地との集約などの効率化を図ってきたところです。
 今回、お申出人様からの情報には、団地名などが明示されていないため事案を特定しての回答はいたしかねますが、一般的に巡回管理員の業務内容としましては、市と業務委託契約を締結した大阪市住宅供給公社の巡回管理員が巡回管理員室(又は集会所)で管理窓口を開設し、入居者からの各種申請書類等の交付や各種届け出等にかかる相談又は住宅管理センターへの取次ぎ等を行うこととしております。
 また、窓口開設中に、住宅の適正な維持管理のために敷地の現地調査等を行う必要が生じる場合などは、大阪府における巡回管理の運用と同様に、市営住宅においても巡回中であることをお伝えする札を掲示し一時的に管理窓口を不在にする場合があります。
 ご不便をおかけして申し訳ありませんが、窓口不在の場合はしばらくお待ちいただくか、お急ぎの場合は管轄の住宅管理センターまでご連絡いただきますようお願いいたします。
【住宅管理センター】
 https://www.city.osaka.lg.jp/toshiseibi/page/0000109124.html

 なお、巡回管理員制度のあり方につきましては、ご利用される皆様のご意見をいただき、管理窓口の利用状況にも十分配慮しながら、より適切な市営住宅管理につなげることができるよう今後も努めてまいりますので、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

都市整備局 住宅部 管理課 
(電話番号:06-6208-9272)

対応の種別

説明

受付日

2019年8月5日

回答日

2019年9月4日

公表日

2019年10月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない