ページの先頭です

市営住宅排水管の維持管理費用について

2019年10月31日

ページ番号:482504

市民の声

 住宅設備の維持管理にかかる費用について、住宅管理センターに尋ねると市が行う部分と地元で負担する部分が細かく決められているようです。
 このたび団地全体で排水系の定期清掃を実施することになり、これは地元負担とのことだったので業者に見積もりを依頼しました。500世帯ほどで実施すると約350万円かかるとの金額提示がありました。前回の定期清掃から6年ほど経過しており、あちこちの棟で水漏れ事故も発生していることから、これ以上先延ばしはできないため共益費の積立金を取り崩して捻出する予定です。
 自治会にとってこの負担はたいへん大きく、今回はなんとか実施したとしても、次回実施のメドのつかない実態があります。
 市営住宅で暮らすうえで一定の共益費が必要であることは十分理解しており、住民にもその旨説明をしていますが、そもそも低所得である市営住宅入居者にとって決して軽い負担ではありません。現在、自治会の担い手の確保もままならない状況のもと、役員が共益費の集金業務に追われてしまい、住民のつながりづくりなど本来の自治活動にも支障をきたす実態があります。
 そもそも経年にともなう定期清掃は、入居者に直接責任のある異物の詰まりなどとは異なり、市の財産である市営住宅建物を長持ちさせるための設備メンテナンスであり、「決まりだから」という理由だけで地元に大きな負担を強いていくならば、近い将来市営住宅の寿命が短くなっていくことが懸念されます。この点について改善を強く要望します。

市の考え方

 市営住宅の維持管理は、施設の長寿命化に資する改修や構造上重要な部分の補修等は大阪市が行い、清掃や樹木の剪定などの日常的な管理は、入居者の皆様で協力して行っていただくこととしております。
 ご指摘の排水管の定期清掃につきましては、つまりの清掃同様、日常的な維持管理の一環であることから、入居者の皆様が協力して実施していただく必要があり、経費が伴う場合には、共益費などによりご負担いただくことになります。
 排水管は定期的にごみや土などを取り除くことが肝要であり、自治会活動にご苦労も多いと思いますが、共益費等のご負担を少なくするためにも、皆様で定期的に会所等を清掃いただきますようお願いいたします。
 なお、経年劣化による排水管の破損や地盤沈下による排水管の勾配不良などの場合は、大阪市が補修しますので、住宅管理センターにご連絡ください。
 また、これらの考え方につきましては、入居の際にお渡ししております「市営住宅 住まいのしおり」にわかりやすくまとめておりますので、ご参照いただきますようお願いいたします。

担当部署(電話番号)

都市整備局 住宅部 保全整備課
(電話番号:06-6208-7834)

対応の種別

説明

受付日

2019年8月30日

回答日

2019年9月13日

公表日

2019年10月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない