ページの先頭です

申請応答及び文書管理についての質問

2019年11月1日

ページ番号:482550

市民の声

 広聴担当様へ、敢えて件名を付け加えたい時は、以下の文章を改竄せず、最上段行に件名を付加してください。
Q「申請応答及び文書管理についての質問」阿倍野区生活支援御中
 2019年令和元年9月9日付阿倍野区生活支援からの送付状によりますと、本年収入申告漏れの年金額の連絡を頂きましたが、その中で2017年12月15日と2018年2月15日受領分年金額につきましては、共済組合年金額と共にそれぞれ収入申告書により2018年2月5日付、5月1日付の特定記録郵便にて申告済みです。分割納付依頼文書および年金証書コピーと共にそれぞれ、2018年2月6日、5月6日に阿倍野区役所へ到着済みと日本郵便の記録となっております。
 更に分割納付依頼文書に従い処理されていますと、既に本年初夏には完済予定の金額であったはずです。
 さて、そこで日本郵便の記録が正しいとすればの話ですが、原題の質問になります。
 申告又は申請された処理が1年半以上もかかって未だに処理されていない理由は何なのでしょうか、以下の選択肢よりお選びになり、回答下さい。
 1、阿倍野区役所に到着して、その後庁舎内の何処かで紛失した。
 2、担当者の手に渡らず、別の職員の誰かが秘匿している。
 3、担当者の手に渡ったが、処理されず放置されていた。
 4、故意に返済を遅らせる何らかの意図があった。
 5、その他(1~4以外の理由があれば詳細に記述してください)
 10月月初、未だに保護費の振込がなされていない場合、受領に伺いますので、郵送した書類により再度金額の確認をしたいと思います。庁内で行方不明となっていなければ提出願います。

市の考え方

 ご発送いただきました収入申告書については、当方にて、平成30年2月6日、平成30年5月7日(平成30年5月6日が日曜日のため受付日は翌開庁日になります)に受け付けしております。ご提出いただきました収入申告書については、内容を調査のうえ、それ以降の保護費算定に反映させる定期収入にかかる収入認定と、調査が必要な遡及分年金及び国家公務員共済年金に分類する必要がございましたが、申告に添付いただいた資料ではその種別を分類するに至らなかったため、遡及年金部分、国家公務員共済部分については、調査のうえ返還額を認定することといたしました。今後、年金額改定、遡及年金等受給されるなどございましたら、当該年金証書に加え、「年金額改定通知書」「年金振込通知書」もあわせてご提示いただきますようお願い申しあげます。
 今回は、当該調査にかかる実務的要因に加え、担当者の転任に伴い、前任者からの事務引継が十分に行われていなかったことも、調査に日時を要する要因となっておりますことをお詫び申しあげます。
 現在、遡及分年金収入等について、調査、照会を行っているところでございます。金額が確定しました段階で、納入方法等に関してお話をさせていただきます。
 ご理解のうえ、今しばらくお待ちいただきますようよろしくお願い申しあげます。

担当部署(電話番号)

阿倍野区役所 保健福祉課
(電話番号:06-6622-9873)

対応の種別

説明

受付日

2019年9月16日

回答日

2019年9月30日

公表日

2019年11月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない