ページの先頭です

あべの市税事務所職員の対応について

2019年11月30日

ページ番号:485280

市民の声

 住民税12万が未払いのため、転職先に市税事務所から給料差押えの連絡があった。あべの市税事務所の職員Aと職員Bへ「12万は大金にて分割にしてほしい。転職先に連絡する前に、未納者への電話連絡をしてもよいのではないか」と伝えるも「個人的な対応はできません。大阪市はそこまでしません」とマニュアルのような対応だった。私個人の意見が通じないのは承知しているが、「上席にそのような意見があったことは伝えます」との言葉でもこちらの気持ちは落ち着く。市民への対応研修をすべきではないでしょうか。
 住民税の納付方法が変わったときは、いつまでに手続きしなければ分割が出来ないのか、また、差押えのときには書類だけでなく、電話でも伝えて欲しかった。

市の考え方

 市税は、納期限までに自主的に納めていただくものですが、納期限までに納付されず、督促状を送付しても、なおその期限までに納付されない場合は、地方税法(第331条第1項第1号等)において、滞納者の財産を差し押さえなければならない、とされています。
 また、滞納となった場合には、督促状のほか催告書の送付等により、差押えする場合がある旨を通知し、自主納付を促していますが、それでも納付されず財産を差し押さえることとなった場合には、財産隠匿等を防ぐため、通常、差押えをする旨の事前連絡はしておりません。
 日頃より職員には、接遇研修を定期的に実施する等により、応対について指導していますが、今後とも親切で丁寧な応対を心掛けるように職員を指導して参ります。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

財政局 あべの市税事務所 収納対策担当
(電話番号:06-4396-2949)

対応の種別

説明

受付日

2019年9月24日

回答日

2019年10月3日

公表日

2019年11月30日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない