ページの先頭です

大阪市の水道水について

2019年12月31日

ページ番号:488102

市民の声

 大阪市の水は非常にきたないのはなぜか。
 家の水が茶色かった。

市の考え方

 当局では、オゾン・粒状活性炭処理を加えた高度浄水処理を導入し、平成12年3月より高度浄水処理水を市内全域に通水しております。
 また、琵琶湖・淀川の水源水質調査や事業所から淀川流域に放流される水の水質調査、浄水場の処理過程ごとの水質試験を行い、水に含まれる汚濁物質等を監視しています。さらに、給水栓(蛇口)の水(水道水)については水道法に基づき、定期の水質検査と市内37か所に設置した水質遠隔監視装置によって連続的に監視しており、水道水質の安全性を確認しております。
 水道局では、お客さまへ安心して飲める水道水をお届けするために、水源から蛇口に至るまであらゆる角度から常にきめ細やかな水質検査を行い、安全な水道水の供給に万全を期しています。
 なお、水が茶色に濁っているなどの事象がありましたら、当局お客さまセンターにお問い合わせいただけましたら、水道水の水質検査を行うことは可能ですので、ご検討ください。
お客さまセンター 電話番号:06-6458-1132
          ファックス番号:06-6458-2100
受付時間 平 日  午前8時~午後8時
         土曜日  午前9時~午後5時

担当部署(電話番号)

水道局 工務部 水質試験所
(電話番号:06-6815-2366)

対応の種別

説明

受付日

2019年9月4日

回答日

2019年9月13日

公表日

2019年12月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない