ページの先頭です

いのちの塔を活用してほしい

2020年1月1日

ページ番号:488268

市民の声

 鶴見緑地公園の展望塔「いのちの塔」が活用策が無く、撤去される予定との報道があったが、撤去されるなら残念に思う。
 子供の頃に展望塔には何回も行ったし、公園のシンボルタワーでもあるので、なんとか維持できないものかと思っている。
 いのちの塔の展望フロア部はガラスの外側に柵のような構造物があるため、あまり眺望は良くなかったが、この点を改善して展望塔として活用し、鶴見緑地公園の活性化につなげられないものかと思う。
 公園内にシンボルタワーがあるだけで、「展望塔のある公園」としてわかりやすく、大きなイベントの誘致や知名度向上にもなるのではないかと思っている。

市の考え方

 いのちの塔につきましては、平成2年に開催されました「国際花と緑の博覧会」の出展パビリオンの一つでしたが、博覧会終了後、大阪市が出展者の「生命の大樹・いのちの塔出展実行委員会」からの寄贈を受け、平成4年4月に新たに「鶴見緑地展望塔(いのちの塔)」として開業いたしました。しかしながら、開業当初に年間17万人を超えておりました利用者数は年々減少し、長年、収支不足の状況が続いたため、平成22年3月に展望塔としての営業を休止いたしました。
 そのような中、大阪市では、鶴見緑地の再生と魅力向上を図るため、平成31年3月に鶴見緑地の将来ビジョンとして「鶴見緑地再生・魅力向上計画」を策定し、計画の実現に向け、令和2年度から公園全体を一体管理する指定管理事業者の公募を行いました。
 事業者の公募におきまして、鶴見緑地の魅力向上を図るための提案を求め、展望塔につきましても、利活用を含めた事業提案を求めてまいりましたが、結果として利活用する提案に至らなかったことから、今後、大阪市として施設のあり方を検討してまいります。
 引き続き、多くの来園者の方々が安全、安心、快適に鶴見緑地をご利用いただけるよう、事業者とともに、公園の管理・運営に努めてまいります。

担当部署(電話番号)

建設局 公園緑化部 調整課
(電話番号:06-6469-3821)

対応の種別

説明

受付日

2019年11月4日

回答日

2019年11月27日

公表日

2020年1月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない