ページの先頭です

天王寺動物園の管理体制について

2020年1月1日

ページ番号:488270

市民の声

 天王寺動物園の管理体制に疑問。
 シマウマが角で刺され死亡、アシカの赤ちゃんが下水道に吸い込まれ、カワセミが逃亡。
 動物園側の管理体制が雑すぎるのではないのか?

市の考え方

 動物の命の尊さを学ぶ動物園でシマウマやアシカの事故が発生し、それを受け、再発防止の取り組みを行っている中で、この度のワライカワセミの事故を発生させてしまい、市民の皆様、来園者の皆様からの信頼を損ないましたことを、改めて、深くお詫び申し上げますとともに、天王寺動物園への改善に向けたご意見をいただきましてありがとうございます。
 飼育動物の管理体制につきましては、今後このようなことがないよう、現在、建設局では園全体での飼育作業の再点検を実施しており、その点検結果や、現場の意見も取り入れたうえで再発防止策を定め、飼育管理作業に活用するとともに、園の動物管理のあり方についても検討を進めております。

担当部署(電話番号)

建設局 公園緑化部 天王寺動物公園事務所
(電話番号:06-6771-8404)

対応の種別

説明

受付日

2019年11月4日

回答日

2019年11月19日

公表日

2020年1月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない