ページの先頭です

道頓堀川への飛び込み防止への対策について

2020年1月1日

ページ番号:488275

市民の声

 令和元年のハロウィンについて、100人から200人ぐらいが川への飛び込んだみたいですね。
 先日、平成から令和になった時は飛び込み防止のために、戎橋の真下に船を停めていたそうですが、今回それはなかったのですか?
 もしなかったのであれば理由を教えていただき、来年以降は船を真下に停めて下さい。
 また、あまりにひどいようであれば、ハロウィンや大晦日に関しては、戎橋を18時から翌日の朝5時までの間は一切通行止めにする措置を取るなどの対策も教えてください。

市の考え方

 平成31年4月30日、令和を迎える日の夜に戎橋から飛び降りた男性が、道頓堀川の遊覧船の上に落下する事故が発生しています。
 橋の下に船を停めることにより、飛び降りた人が怪我をするという安全上の問題から、建設局が戎橋下に船を停めることは非常に危険なため、これまでそのような対策を取ったことはありませんが、緊急時の救護対策として浮き輪を配置する等、救護措置を行っております。
 対策としましては、川に入ること自体は河川法で禁止されていないため、飛び込み等を規制することは困難ですが、道頓堀川への飛び込みについては事故を招く恐れがあるため、大阪府南警察署と連携を取り、現地での張り紙や大阪市のホームページで注意喚起を行っているところです。
 今後も大阪府南警察署をはじめ関係先等と連携を取り、様々な取組みを検討し、安全の確保に努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

担当部署(電話番号)

建設局 企画部 河川課
(電話番号:06-6615-6833)
建設局 企画部 工務課
(電話番号:06-6615-6648)
建設局 西部方面管理事務所 河川・渡船管理事務所
(電話番号:06-6536-5295)

対応の種別

説明

受付日

2019年11月5日

回答日

2019年11月19日

公表日

2020年1月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない