ページの先頭です

ごみ収集車両に関する環境局の主張について

2020年1月1日

ページ番号:488302

市民の声

 大阪市環境局のごみ収集車両についてだが、ごみの収集時等において、交通ルールを守らず、周りの通行者や通行車両に対して、とんでもない迷惑をかけていることが実際に多々ある。こうした事案に対して、大阪市環境局やごみ収集車両の運転手が「ごみ収集時には、他の交通の迷惑とならないように配慮していた。」という主旨の主張を市民に平然と行っているケースもこれまであったが、こうした主張はそちらの思い込みではないか。思い込みに基づいて市民に意見等を述べるなど言語道断である。慢心・過信・傲慢・思い込みといったものが交通事故やトラブルを起こすもとになることを大阪市環境局は十二分に認識すべきだ。

市の考え方

 ごみの収集作業に伴い、市民の皆様にご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。
 環境局といたしましては、今回頂戴したご意見を真摯に受け止め、深く反省いたしますとともに、公務員としての自覚を持って行動するよう、改めて全職員に対して教育・指導を徹底してまいります。
 今後とも、ごみ収集にかかわる職員一人ひとりが安全運転を徹底し、市民の皆様にご迷惑、ご心配をおかけすることがないよう努めてまいります。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

環境局 事業部 事業管理課(事業管理)
(電話番号:06-6630-3227) 

対応の種別

説明

受付日

2019年11月13日

回答日

2019年11月19日

公表日

2020年1月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない