ページの先頭です

所有者不明猫適正管理推進事業、公園猫適正管理サポーター制度について

2020年1月1日

ページ番号:488308

市民の声

 与力町グランド付近で以前から、猫に餌をやる人を見かけます。
 やった餌による糞尿の処理は、その方達はせず、放置です。
 近くのマンションの子供の砂場は、猫のトイレと化し不衛生で全く使えず、砂場は滑り台の滑り降りる所にもなっており、手をついたり靴で踏んで、不潔極まりない状態です。
 大阪市のボランティアだと言っているそうですが本当でしょうか。
 他人に迷惑をかけるボランティアを大阪市は、本当にお認めになっているのでしょうか。
 餌をやっているボランティアの方々の人数や、住所氏名などの把握を大阪市はされていますか。
 ボランティアと胸を張るなら、【飼い猫として引き取り、糞尿の管理までする】という形で任命にしてもらわないと、本当に困ります。

市の考え方

 猫へのエサやり行為につきましては、現状ではエサを与えることを止めさせる法令等がなく、非常に難しい問題となっております。
 しかしながら、無責任なえさやり行為を容認するものではなく、エサやりをされている方が判明しましたら、無責任にエサを与えないように給餌及び給水、排せつ物の適正な処理等をするように啓発しております。また、野良猫に無責任にエサやりをしないように啓発用ポスターやリーフレットの配布等を行っております。
 エサやりの場所によって対応が異なってまいりますので、まず、その点に関してお答えいたします。
 (エサやりの場所について)
 (1)個人所有のマンション等の私有地敷地内の場合 
 所有者及び居住者等関係者以外の人がエサやりをしている場合は、他人が無断で敷地内に侵入していますので、防犯上の問題もあるため、最寄りの警察署の生活安全課にご相談ください。
 所有者及び居住者等関係者がエサやりをしている場合、賃貸マンションであれば管理会社、分譲マンションであれば管理組合等にご相談ください。一般的には、敷地内でのエサやりの不可や、可能とするならば無責任なエサやりにならないような規約やルール作りをして対応していただいております。
 啓発用ポスターが必要であれば、ご連絡いただければ、配布等を行っております。
 (2)その他の場所
 その他の場所での無責任なエサやり行為については、無責任なエサやりをされている方が判明しましたら、区役所から指導いたします。
 なお、与力町公園(与力町グランド)の場合は、公園事務所、区役所が対応してまいります。


 次に本市の野良猫対策の事業及び制度についてお答えいたします。
 本市の野良猫対策としては、次の二つの事業及び制度があります。
 (1)「所有者不明猫適正管理推進事業」
 所有者不明猫(いわゆる、野良猫)につきましては、所有者不明猫の数を減らし、生活環境被害の防止に努めるため、地域住民の合意のもと所有者不明猫の不妊去勢手術(不妊去勢手術の費用として、地域から一匹あたり2,500円の負担をお願いしています。)を行い、予め地域で定めたルール(餌やりの時間や後片付け、糞掃除等)に従い、住民が主体となって適正に管理する地域猫方式の取組みを支援する「所有者不明猫適正管理推進事業(街ねこ事業)」を実施しています。
 なお、現在、与力町公園(与力町グランド)付近は「所有者不明猫適正管理推進事業」の対象となっているケースはございません。
 (2)「公園猫適正管理サポーター制度」
 公園の環境保全と動物愛護の推進を図るため、市民の皆様と行政との協働で次の取り組みを行っています。

  • 公園の猫に避妊去勢手術を行い、猫の繁殖を防止する
  • 一代限りとなった猫にルールに従った給餌を行い、少しずつ猫の数を減らす
  • 後始末、周辺清掃を行い、公園の環境美化活動を行う

 なお、現在、与力町公園(与力町グランド)は「公園猫適正管理サポーター制度」の対象となっているケースはございません。
 今後とも、無責任なエサやりにつきましては、啓発を継続してまいります。

担当部署(電話番号)

北区役所 健康課
(電話番号:06-6313-9973)

対応の種別

説明

受付日

2019年11月14日

回答日

2019年11月26日

公表日

2020年1月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない