ページの先頭です

東成区役所保健福祉課(生活支援)非常勤職員の対応について

2020年1月31日

ページ番号:491287

市民の声

 現在、親が東成区で生活保護を利用しています。
 令和元年度は、保健福祉課生活支援担当の担当職員が来られています。
 今年に入り何度か訪問して下さった時、担当職員が私の親の相談内容に対し、心無い暴力的な言葉を言われ親は心身共に傷付いておりました。担当職員が私の親の訪問をした際には同席せず、隣の部屋で待機し担当職員の発言を聞いておりました。その担当職員の発言を思い出すとパワーハラスメントやモラルハラスメントを親がされていたのではないかと感じて精神的につらくなります。同時に、担当職員を含めた東成区役所の職員や大阪市の職員の方が、私の親や生活保護者に対して人権否定がなされているように感じ、遺憾に思います。
 また、担当職員は、東成区役所の生活支援担当を訪問した際も、カウンター越しに担当職員と目が合い挨拶しましても無視され、日によっては、大声で担当職員が暴言を吐いている姿を見かけとても不快に思います。
 私の親に対する担当職員の発言は、高齢者への言葉による精神的虐待にあたると思います。
 今後は担当職員には反省していただき、発言、行動、態度を市民に対して気を付けていただくことを切に願います。
 このようなことは、大阪市、東成区役所職員として許されるでしょうか。再教育や厳重指導対応をしてください。
 また、このメール内容を職員の方々に見て頂き共有し同じことの再発を防いでくだされば有り難いです。
 よろしくお願い申し上げます。

市の考え方

 この度は、職員の対応により不快な思いをされたことに対し、お詫び申し上げます。
 当区では、平素より接遇研修を行い、区民対応の向上に努めており、生活支援担当においても社会福祉を担う職員として、丁寧な対応を行うよう指導を行っているところです。
 今回の申出を受け、該当職員のみならず、同様の業務を担う職員に対し、再度指導を行うことで、組織全体の改善を図ってまいります。

担当部署(電話番号)

東成区役所 保健福祉課(生活支援)
(電話番号:06-6977-9135)

対応の種別

説明

受付日

2019年11月13日

回答日

2019年11月22日

公表日

2020年1月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない