ページの先頭です

労働組合との議事録の公表について

2020年1月31日

ページ番号:491293

市民の声

 大阪市職員の給料が上がるとのことですが、市ホームページ「職員団体及び労働組合との交渉など」の大阪市労働組合連合会との交渉録のうち「平成28・29・30年度給与改定等について」の交渉録の一部が交渉から1年以上経っていますが、未だに作成中となっています。
 今回給料を上げるにあたり、数年前から労使関係が昔のような「蜜月関係」に復活しているのではと感じております。
 「大阪市労使関係に関する条例」第6条第3項に「本市の当局は、交渉(前条第1項の規定により交渉に必要な事項を取り決めるために行う協議等を含む。以下この項において同じ。)を行ったときは、速やかに議事録を作成し、当該交渉に係る労働組合等に当該議事録の内容の確認を求めた上、これを1年間公表する。」と定めていますが、この文中の「速やか」とは、社会通念上どの程度の期間を指すとお考えなのでしょうか。
 3年以上経過して作成できていないのは、職務怠慢ではないのでしょうか。
 市長には、同条例第7条「任命権者は、この条例が適正に運用されるように努め、この条例に違反する行為があった場合は、公正かつ厳格に懲戒処分その他の必要な措置をとるものとする。」を厳格に適用し、関係職員の処分を適切に行っていただきますようお願いいたします。
 なお、各局の交渉録についても、十分に確認をお願いいたします。

市の考え方

 本市では、大阪市労使関係に関する条例第6条第3項に基づき、交渉を行ったときは、速やかに議事録を作成し、当該交渉に係る労働組合等に当該議事録の内容の確認を求めた上、1年間公表することとしております。
 ご指摘いただきました労働組合等との交渉にかかる議事録について、公表が遅れており、誠に申し訳ありません。現在、公表の手続きを進めているところであり、議事録が整い次第公表いたします。また、今後の交渉の議事録につきましても、速やかに公表するよう努めてまいります。
 また、各所属における交渉の議事録につきましても、交渉後、速やかに公表の手続きを行うよう改めて周知してまいります。
 今後とも、適正かつ健全な労使関係が確保できるよう、労使関係に関する条例の適正な運用に努めてまいります。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

人事室 人事課(人事グループ)
(電話番号:06-6208-7514)

対応の種別

説明

受付日

2019年11月14日

回答日

2019年11月28日

公表日

2020年1月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない