ページの先頭です

公園での花の生育について

2020年2月1日

ページ番号:491384

市民の声

 最近、マンションのまわりは緑が多く、きれいに管理され、道路にたばこの吸い殻を捨てる人もなく、良くなった一方で、公園や公道は雑草が多く(手入れがされてない)以前より悪くなっています。
 雑草を取り、中津の公園を40年きれいにしてきましたが、花を植えたほうが良いと思い、あじさい・菊・コスモス・スズラン・百日草などを植え、皆、四季折々花を見て喜んでいたのですが、「許可なく植えてはいけない」とのことで、もうすぐ撤去されます。
 市は公園には樹木(花が咲くのは桜のみ)、花は許可された場所にだけ植えることを許可!花より雑草が良い!という事でしょうか。
 私達は目の前の公園が花の代わりに雑草だらけになるのは我慢できません。
 きちんと手入れする予算がない、手が回らないのであれば、地区の住人に任せたら良いのではないでしょうか。住人の意見等を重んじてください。
 花いっぱいの公園は憩いの場ともなります。
 ルールがあるのはわかりますが、ルールを変えることも検討してください。

市の考え方

 お申し出につきまして、このたび、公園内に植栽されている本市が管理する樹木等以外の調査を行ったところ、所有者不明の樹木等が確認され、所有者の確認及び撤去を依頼するため、周知文を貼付けさせていただきました。
 公園内は、都市公園法第6条の規定に基づき、都市公園に公園施設以外の工作物その他の物件又は施設を設けて都市公園を占用しようとするときは公園管理者の許可を受けなければならないと規定しております。許可なく「花壇」を作ることはできません。
 一方、本市では、身近な公園で、一定のルールのもとに地域の皆さんが主体的に花壇を設置、管理し、花づくりを楽しんでいただくもので、地域のコミュニティづくり、環境美化などに役立つことを目的とする「ふれあい花壇」制度があります。
<「ふれあい花壇のご案内」より抜粋>
・身近な中小公園が対象です。(大公園や特殊な公園は対象外です)
・ふれあい花壇の実施団体は、公園愛護会が行う場合のほか自主的に花壇づくりを行おうとする10名以上の近隣住民で構成され、かつ、公園愛護会長等の推薦または同意を得た団体とします。
・花壇は公園内に1団体1ヶ所、25平方メートルまでの大きさを原則とします。
・育てる植物は観賞用草花に限ることとし、もっぱら食用となる野菜類や、移動が困難な樹木類の栽培はできません。
・花壇は団体の皆さんが設置し、自主的・主体的な活動で維持していただきます。(種子、花苗、球根等、肥料ほか維持管理に必要な器材、道具類は各団体で準備してください。)
・花壇内及び公園内に景観を乱すような構造物(倉庫、高い侵入防止柵等)は設置しないでください。
・事前に公園事務所と充分調整してください。
・花壇の設置には、設置許可書、覚書等の事務手続きが必要になります。

 公園は、誰でもご利用いただける施設ですので、個人の方が無断で公園内に樹木や花を植えることは、ご遠慮いただいております。
 また、除草・清掃につきましては、引き続き、本市で実施するとともに、公園愛護会等の地域のご協力をいただき、適正な維持管理に努めてまいります。
 いずれにいたしましても、貴重なご意見をいただきましたが、既存の制度に沿ったご利用をお願いいたします。

担当部署(電話番号)

建設局 北部方面管理事務所 扇町公園事務所
(電話番号:06-6312-8121)

対応の種別

説明

受付日

2019年12月6日

回答日

2019年12月20日

公表日

2020年2月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない