ページの先頭です

副首都推進本部会議の出席者について

2020年2月1日

ページ番号:491390

市民の声

 副首都推進本部会議の出席者に嘉悦大学の関係者がいるようだが、選考基準は何なのか?いろんな企業もたくさんある中で、嘉悦大学の関係者に出席してもらったのはなぜか?

市の考え方

 大都市制度の経済効果に関する調査については、経済学に関する高度な専門知識や、大阪・関西の経済・社会動向等に関する幅広い知見を要することから、公募型プロポ-ザル方式により広く提案募集を行い、行政学や経済学の外部有識者3名で構成する選定委員会での審査を経て、受託事業者を選定いたしました。
 選定委員会では、業務・研究実績、業務遂行体制、調査検討工程、業務の理解度、経済効果の算出手法、経費の妥当性の6項目で構成する審査基準に基づき審査いただき、その評価が高かった学校法人嘉悦学園を受託予定事業者として選定したものです。
 次に、副首都推進本部会議等への学校法人嘉悦学園の出席については、同会議等において受託事業者から調査結果報告書の説明を聴取するとともに、疑問点等について議員等からの質疑応答の場を設けることを目的として、同学園に出席を求めたものです。

担当部署(電話番号)

副首都推進局 企画担当
(電話番号:06-6208-8862)

対応の種別

説明

受付日

2019年12月9日

回答日

2019年12月18日

公表日

2020年2月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない