ページの先頭です

公立保育所の父母会について

2020年2月1日

ページ番号:491391

市民の声

 息子を大阪市の保育所に通わせているのですが、保育所には「父母会」という、入所したら強制的に入会するシステムがあります。
 毎月会費を徴収されます。他の保育園では発表会の撮影は決まった場所から、保護者が交代で撮影していいみたいですが、なぜか公立だからという理由で撮影は不可。外部の業者に頼んで撮影してもらうため、その費用を父母会費から出しています。
 父母会費を払わないと、発表会のDVDを買う権利がありません。今年から父母会の行事がなくなった分、役員の飲食代に(会議という名目で)会費が使われています。そんな不公平な父母会をなくしてほしいです。
 クリスマスプレゼント代も父母会から出してますが、こちらも保護者負担の保育所と保育園負担の所で差があるのはおかしいと思います。

市の考え方

 各公立保育所の保護者会につきましては、保護者の方が組織され、運営されており、本市では活動の認可も含め、運営に関わっておりません。
 なお、本市公立保育所では、これまで保育活動の記録として児童の写真撮影を行っているところです。
 保育所には、様々な配慮を要する家庭の児童が在籍されており、個人情報保護の観点から、最小限の撮影枚数に留めるとともに、その管理についても厳しく行ってきたところです。
 一方で、お子様の保育所での成長の記録として写真を残されたいお気持ちをお察ししますことから、保護者がお子様の保育活動の記録として撮影した写真を提供等する場合は、原則として最小限としております。

担当部署(電話番号)

こども青少年局 保育施策部 保育所運営課
(電話番号:06-6208-8121)

対応の種別

説明

受付日

2019年12月10日

回答日

2019年12月23日

公表日

2020年2月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない