ページの先頭です

庭木の電線への接触について

2020年2月1日

ページ番号:491396

市民の声

 西成区の街区と街区の間を通る道路において、街区の住宅の樹木が架線(電線)に干渉している。強風時(台風等)に、その樹木による架線切断の恐れがある。指導等を行政からすべきではないか。
(占用者=架線管理所有者が養生すべきか?)
 また、樹木の落ち葉が飛散し、近所の宅地及び道路に多数見受けられる。家主(住民)は毎朝掃除をし、ある程度の落ち葉を収集・廃棄しているが、そもそも適切に樹木を管理していない。

市の考え方

 お申出の件につきましては、お見込みのとおり、道路占用者である架線の管理者が定期的に巡視を行って、状況に応じて電線への保護管の取り付け等を実施しています。
 今回いただきました件につきましては、当該架線の管理者に区役所より情報提供を行い、対応を依頼しました。
 今後も情報提供いただきましたら、管理者に対して対応を依頼いたします。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

西成区役所 総務課(広聴担当)
(電話番号:06-6659-9683)

対応の種別

説明

受付日

2019年12月11日

回答日

2019年12月19日

公表日

2020年2月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない