ページの先頭です

ハト、カラスへの餌やりについて

2020年2月29日

ページ番号:494256

市民の声

 すでに多くの声があるかと思いますが、あまりにも最近ひどくなってるので投稿いたします。
 住吉区内の駅周辺からのハトやカラスへのエサやりについてです。
 テレビで大きく報道されてから暫くの間はエサやりも縮小されており、カラス等も激減しておりました。(餌やりの場所が我孫子東周辺に移動しただけですが)ですが、この1ヶ月ぐらいの間で以前よりひどいエサまきがあり、鳩もカラスも激増しています。これ以上増えると本当に危険です。エサも高架下のフェンス内に撒かれるので掃除をすることもできません。
 概ね夜中3時ごろから6時台の間にまかれています。注意することしか出来ないのかもしれませんが、公共の場所にばら撒くのは不法投棄と同じだと思います。掃除さえすればかなりの数を減らすことができます。
 特に駅前のフェンス内は大阪市等の許可がいるかと思いますので、是非対処を早急にご検討いただきたいです。よろしくお願いいたします。
 ちなみに私自身は猫の保護活動には賛成です。

市の考え方

 この間、ハト・カラスへの無責任なエサやり行為が、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」で禁止されておらず、規制できる機関がありませんでした。そのため、駅周辺やフェンス内、市営住宅周辺等での無責任なエサやり行為者に対しては、以前から何度も現場調査及び啓発を行ってまいりました。
 今般、無責任なエサやり行為による生活環境の悪化、被害の声が多く寄せられ、大阪市といたしまして、エサやり行為を行う者に対し清掃等を義務付ける条例改正を行い、12月14日から施行となっております。
 今後につきましては、関係機関と連携を密にし、道路予定地等の対応も含め、清掃等の義務を果たさないエサやり行為者の指導、取り締まりを強化してまいりたいと考えております。

担当部署(電話番号)

住吉区役所 保健福祉課(健康推進)
(電話番号:06-6694-9973)
建設局南部方面管理事務所 住之江工営所
 (電話番号:06-6686-0434)

対応の種別

説明

受付日

2019年12月12日

回答日

2019年12月26日

公表日

2020年2月29日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない