ページの先頭です

生活保護受給者への医療扶助について

2020年3月31日

ページ番号:497204

市民の声

 生活保護受給者の方の医療費負担を0円とするのは、いかがなものかと思います。
 私達は、国民健康保険料・介護保険料を支払っています。病気をしても、お金のことを考えるとすぐに医療機関には行けません。
 ほとんどの人が生活保護について、色々考えなおしていただきたいと思っていらっしゃるようです。よろしくお願いいたします。

市の考え方

 生活保護利用者(受給者)に対する医療扶助は、生活保護に関する法令、告示及び通知により、本市実施機関等が行うべき事務が規定され、地方公共団体の裁量はないものとなっています。
 大阪市におきましては、後発医薬品の使用促進、生活習慣病患者の重症化予防などに向けた適切な指導を行うなど、医療扶助の適正化を進めるとともに、国に対しても、医療扶助・介護扶助の一部自己負担導入などの生活保護制度の改正を要望しているところです。
 今後も真に支援を必要とする方に対して、適正な保護の実施を推し進めるとともに、あらゆる機会を通じて国に対し制度改正要望、提案を行ってまいります。

担当部署(電話番号)

福祉局 生活福祉部 保護課
(電話番号:06-6208-8021、ファックス番号:06-6202-0990)

対応の種別

説明

受付日

2019年12月10日

回答日

2019年12月20日

公表日

2020年3月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない