ページの先頭です

化学物質がもたらす香害について

2020年4月30日

ページ番号:500204

市民の声

 日本の学校では香りの害で苦しむ子どもたちが増えています。香害(化粧品類、洗剤、柔軟仕上げ剤など)を避けるためには、メーカーと家庭に正しい情報を届けて、香料に使われている化学物質をなくすことしかありません。社会全体の香害にもなっていますので、安全で暮らしやすい大阪になるように大阪市から情報を発信してほしいです。

市の考え方

 化学物質過敏症で苦しんでいる方がおられることは承知しており、予防対策としては化学物質の使用に関して、公の場など人が集まるところでの配慮を求めることが重要であることから、化学物質や化学物質過敏症のことを正しく知っていただくために、多くの市民の皆様が利用されるホームページ等を通じて啓発活動を行っているところです。
 これからも化学物質過敏症について、より一層市民の皆様の理解が得られるよう、啓発活動に努めてまいります。

担当部署(電話番号)

健康局 健康推進部 健康施策課
(電話番号:06-6208-9951)

対応の種別

説明

受付日

2020年2月24日

回答日

2020年3月6日

公表日

2020年4月30日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない